Pocket

 

あなたのナンパの成功率に、最も影響のある部分ってどこだと思いますか?7秒だけでいいので、ちょっと考えてみて下さい。

 

答えは、声かけから入りの3秒です。

 

たったそれだけ!?だと思いますか?そうなんです、たったの3秒でほとんど成功するか失敗するかが決まってしまうんです。

 

逆に言えば、この3秒を徹底的に極めれば、他がどんなに適当だろうと、お茶やホテルに行く確率が飛躍的に高まるのです。

 

では、ここにその第一声のほんの一例をご紹介しましょう・・・

 

  • お疲れさまです
  • おい、これ、落とした
  • この辺で、これくらいのペンギン見ませんでした?

 

「え、そんなのでいいの?」というものから、「むむむ、なんだこの第一声は(笑)」というものまであるでしょう。

 

最初の入りの3秒を決定づける、「第一声をなんて言うか、また、最初の数回のやり取り」を正しい方法で繰り返し練習することをおすすめします。

 

ネットを検索すれば、様々な声かけ方法が出てきますが、こちらでは、私自身が実際に使ってみて、好反応が約束された第一声のみを厳選して紹介していきます。

 

イツキイツキ

また、第一声からの会話の展開も少し紹介しますので、イメージがつかみやすくなってます。あなたのキャラクターにあったやり方を選ぶといいですね。

 

厳選したナンパの第一声を紹介する、その前に本質的なお話・・・

 

ナンパの第一声をなんて言えばいいか。その前に、あなたに本質的な事を忘れてほしくないので、先にお話しておきます。

 

それは、“ぶっちゃけ、最初の声かけなんて、なんだっていい”という事です

 

あなたが見知らぬ女性を口説くためには、テクニック云々よりもまず、あなたという存在を知ってもらう必要があります。

 

最終的なゴール:「ぶっちゃけ、声かけなんて、なんでもいい」

 

女性の意識を取るために声をかけるのであって、「なんと言うか」が目的ではないんですよ。あなたの存在を知らなければ、あなたを好いてくれる女性が現れないのも当然ですよね。

 

そして、より女性の感情をコントロールするために「なんと言うか」を考える必要があるわけで、「なんと言うか」はあくまで二の次であるという事を覚えておいてください。

 

そうは言っても、考えている時間は無駄ですよね?そんな時間があるなら、さっさと声をかけた方が出会いが何倍にも膨れ上がるので、こちらで紹介している第一声を片っ端からトライしてみる事をおすすめします。

 

ナンパの第一声でなんて言えばいいか迷うなら、ここから選べ!今すぐ使えるナンパ声かけ集

 

ナンパの第一声とはいえ、難しいものは何ひとつありません。言葉だけではなく、それを使うときのちょっとしたコツと、そこから派生する会話の展開も紹介してきます。

 

イツキイツキ

ちなみに、“声に出しながら読む”ことで、あなたの学習量は何倍にも高まりますよ・・・。

 

「お疲れさまでーす」

 

誰にでも使える万能な第一声。とくに仕事帰りのOLや出勤前のキャバ嬢などには最も相性が良いですね。

 

挨拶で入りますので、細かなテクニックなど入りません。強いて言うなら、「お疲れさまでーす」と言われた相手が思わず「知り合いかな?」と一瞬思ってしまうようなトーンで言いましょう。

 

「お疲れさまでーす」斜め前に入りながら

「お疲れ様です。」

「いや、まったく、疲れてないじゃないですか!」相手の反応より少しだけテンション高めに言う

「本当仕事してました?」

「笑」

 

「あっち行かない方がいいですよ」

 

正面から女性が歩いてきたときに使えるフレーズです。ほとんどの声かけが横から入るものばかりなので、女性は横から声かけられても「はいはい、ナンパナンパ」となりやすいんですね。

 

正面から堂々といくことで、「え。何だろう・・・」と一瞬感じさせる声の掛け方です。ただ、進行妨害をしてはいけません。

 

ポイントはしっかり目でアイコンタクトを取って、「あっち行かない方がいいですよ。」と言いながら、斜め前の位置にずれましょう。そのまま一緒に歩きながら会話するといったイメージです。

 

「いや、待って待って」

「・・・」

「あっち行かない方がいいですよ、マジで。」

「・・・」

「すんごい大きな落とし穴があるんで」

「・・・笑」

「人がどんどん落ちていってるんで」

「うそ笑」

「まぁ、オレが掘ったんですけどね」

 

「おい、これ、落とした」

 

コレが一番おすすめですね。なぜなら、落し物を拾ったという体で入るので、堂々と声をかけられるから。

 

そして、これは「落としたぞ」と言われると、人ってつい見てしまうんですよね。無意識に反応してしまうんです。

 

そこを利用して、「いかにも落としてないであろうモノ」を提示して下さい。おすすめは男物の革ジャンとかジャケット。お菓子のじゃがりこなんかもユニークでいいですね。

 

イツキイツキ

私が最も使うナンパの第一声ですね。女性が一瞬に混乱する事と、見せているアイテムのギャップに思わず笑ってしまうんですよ。何より、会話展開次第では、女性感情をコントロールしやすくなりますからね。

 

「1個だけ聞きたいんですけど、何食ったら・・・」

 

褒める事をベースに、ちょっとずつユーモアを与えていく流れに持っていく第一声です。褒めから入るので、声かけに抵抗がある人でも比較的入りやすいのでオススメですが。

 

褒めから入る分、どうしてもあなたのステータスが低いところからスタートしてしまうんですよね。なので、女性の感情をコントロールしやすいかというと、難しくはなります。

 

ですが、極めればここからでも十分その日のうちにセックスする関係には持っていけるので、ぜひトライしてみて下さい。

 

「ちょっといいですか」

「あの、一個質問なんですけど」

「(女性、頷く)」

「何食ったらそんなに綺麗になるんですか?」

「・・・いや(笑)」

「いや、天使がいるなーと思って、声かけないと人生終わると思ったんで」

「いやいや(笑)」

「人生終わりそうな顔してるでしょ?」

「・・・そうですね(笑)」

「バカにしてますね?(笑)ほんっと悪魔みたな性格ですね。」

 

「この辺、○○ってどこにありますか?」

 

道聞きナンパと言われる第一声です。これも、道を聞くという大前提があるので、初心者でもとっつきやすい第一声です。こちらも同様、「何食ったら〜」と近い関係性になるので、ステータスが低いところからスタートします。

 

道聞きナンパの細かなコツは、こちらに詳しく書いてますので、必ず読んでおいて下さい。

・ナンパ成功率爆上げ!道聞くやり方を具体的にアドバイスしようと思う

 

「この辺で、交番ないですか?」

「あ〜、真逆ですね。」

「え、真逆ですか!最悪ですね」

「(笑)で、2つ目の信号を曲がって下さい」

「ふんふん」

「そこからすぐ右に曲がると右手に見えます。」

「お姉さん上手ですね。すっごく上手。」

「いや(笑)」

「道案内のプロですか?」

「ちがいます(笑)」

「いや天才的ですよ。でもぼく相槌打つのに必死だったんで、もう一回いいですか?」

 

「この辺で、これくらいのペンギン見ませんでした?」

 

これは非常にユニークなやり取りに展開しやすいので、とてもオススメです。ポイントは真剣に迷子になったペンギンを探すつもりで声をかけて下さい。

 

“こっちは真剣なのに、なに笑ってるんですか、ひどいなぁ”といった感覚で打一声を当てていくと、女性から反応が取れやすくなります。

 

イツキイツキ

私自身も、この第一声をよく使ってナンパしています。どのジャンルの女性にも使えるので汎用性がかなり高いんですよね。ぜひ、トークを全部覚えて言えるようにしてください。

 

「ねえ、ちょっといいですか」

「この辺で、これくらいのペンギン見ませんでしたか?」

「はい、あのペン子って言うんですけど」

「まぁオスなんですけど」

「見てない?」

「見ましょうよ」

 

「ちょっといいですか、コレすげーかわいい、どこの?」

 

女性の持ち物を指摘する声のかけ方です。人は自分の脳に近いモノに反応してしまうという性質があるので、それを利用した声の掛け方です。

 

女性自身が持っているモノを指摘するので、女性も何の事が理解し、反応しやすいというわけです。

 

ポイントは、あまり細かいモノではなく、ディテールであったり、その女性が一番気を使っているアイテムを指摘して褒めましょう。

 

イツキイツキ

多くの場合は、バッグや靴、ヘアスタイルなどですね。

 

「ちょっといいすか」

「コレすげーかわいい」バッグを指差しながら

「え?ありがとうございます(笑)」

「すごいお洒落。どこだろ、ルブタン?」

「いや違います、○○です。」

「マジで!さすが。メンズないの?」

「や、ないです(笑)」

「マジかー、じゃちょっと貰っていいですか?」

「ダメです(笑)

 

まとめ

 

どの声かけにも共通するのは「相手を楽しませる」と「真剣なんだけど、真面目に会話をしない」という事です。

 

正直言うと、実際にここに書いたような会話の展開になることはなかなかありません。当然ですよね、女性の性格もありますし、その時の環境や状況というものが変わってくるからです。

 

ですが、基本のベースを抑えておけば、どんな会話にも応用出来るように脳が活性化されてくるのです。

 

ここに載せた第一声を実践していく事で、あなた自身、「こんな第一声もいいんじゃないかな?」というモノが出てくるかもしれません。それはぜひトライしてみて下さい。

 

そして、これはイケる!というモノがあったら、私にコメント下さい。

 

以上です、ありがとうございました。