Pocket

 

「ナンパが出来るようになりたい! でも、同じくらい失敗するのが怖くて、どうしても最初の一歩が踏み出せないんです。」

「一回だけ、ナンパにチャレンジしました。でも失敗してしまい・・・それから、怖くてナンパできていません。」

 

ナンパの練習なんてしたことがない。そもそも、ナンパなんてぶっつけ本番だろうと考えている人は多い中、こういった悩みを持つ方は少なくありません。

 

そんなあなたに向かって、「何事も経験だから。」とか「動かなければ、何も変わらないよ。」と精神論で片づけるのはとても簡単でしょう。

 

ですが、はっきり言って、それでは何も変わらないままなんですよね。なぜなら、みんな頭で分かっていることだから。

 

そこで今回の記事では、「失敗が怖くて、行動できない」と悩む方に、100%失敗することのないナンパの練習方法について、お話ししていきます。

 

失敗しなければ、恐れるものは何もなくなって、思いっきり成長していくことができるでしょう。

 

ナンパ練習方法①出来る人だけでOK!ひたすら「量」をこなす、声かけノック!

 

はじめに「失敗しない」と言いましたが、このナンパ練習だけは違います。というのも、中には「声をかけることはできるけど、さらに上手くなりたい!」という人向けの練習です。

 

声をかけることに対して抵抗を感じないので、ガンガン突き進んでほしいですね。場所は渋谷や新宿などの繁華街で。

 

地方にお住まいなら、人が最も賑わっているところでやるといいでしょう。

 

ただひたすらに声をかけるのではなく、一回一回、意識すべきポイントを変えてみると成長は早いです例えば、声のトーンやスピード、相槌の種類、お茶の誘い方など。

 

野球で何も考えずに素振りを200回するより、1回1回フォームを意識しながら素振りをした方が、力がつくのと同じことです。

 

ナンパ練習方法②YouTubeが見れれば出来る!?ナンパ練習

 

「すれ違い美女」とYouTubeで検索すると、さまざまなシーンで美女とすれ違うだけの動画が視聴できます。この動画を見ながらナンパの声かけ練習をするといいでしょう。

 

一度ご覧になればわかるのですが、「こんなシーン、普通ないよ。」という感じるもしれません。なぜこれが練習にオススメなのかと言うと、女性に近づいていてくる臨場感を味わえるから。

 

ナンパで地蔵になってしまう人は経験あるでしょう。いざ声をかけようと動きだし、だんだん女性に近づくと緊張してきますよね。

 

ほとんどの人がこの緊張に対して、恐怖や不安、迷いといったネガティブな感情にとらわれてしまうもの。それでは現場でも同じようにネガティブに感じてしまい、動けなくなってしまいます。

 

そこで、自分の中で緊張の方向を変えることです。

 

「あの娘はどんな服装してるのかな? 何か会話で使えそうなものはないかな・・・。」や「断られても、絶対に即答してやるぞ。」と、考え方の練習として取り組んでみてください。

 

ナンパ練習方法③ナンパシーンに限らず、日常的に女性に声かけてみる

 

あなたの日常を振り返って、女性に声をかけれるシーンは何度あるでしょうか?

 

  • コンビニのレジで店員が女性だった。
  • 朝、家を出るとき近所の女性がいた。
  • エレベーターで乗り合わせたのが女性だった。
  • バスで座ってたら、目の前に立っているおばあさんがいた。

 

こういったシーンで気軽に挨拶(声かけ)をやってみること。ポイントは声をかけても不信がられたり、不自然にならないシーンであることです。

 

  • コンビニのレジで店員が女性だった。→「ありがとうございます。」「どうもー」
  • 朝、家を出るとき近所の女性がいた。→「おはようございます。」「暑いですね。」「バス遅いですね。」
  • エレベーターで乗り合わせたのが女性だった。→「何階ですか?」
  • バスで座ってたら、目の前に立っているおばあさんがいた。→「どうぞ、座ってください。」

 

ナンパ練習方法④超実践的!ナンパシミュレーション

 

こちらは、女性に一切声をかけることなく、ナンパの練習を積む方法です。大通りに面したカフェやレストランに入り、窓際の席で行います。

 

  1. 行き交う人たちを観察し、「声かけたいな」と思う女性を見つける。
  2. 「あの女性が、この位置に来たら、声をかけよう」と決める。
  3. その際の一言目を何と言うかを決める。
  4. その一言目で声をかけた時の、女性の反応を想像してみる。
  5. 「いい反応」「テンション低めの反応」「無視や無言」それぞれの反応に対して、何と言うか。
  6. 何と言ってカフェに誘うか?それに対する断りにはどうする?
  7. カフェがダメだった時の、連絡先交換へはどのように提案してみる?

 

この流れを繰り返し繰り返しやってみましょう。最初は1人に時間をかけてもいいです。自分がリラックスした状態でやることが大事。

 

そうすることで、冷静な頭で会話を組み立てることが出来るので、頭の回転率が上がり、フレーズがポップコーンのように溢れ出てきます。

 

まとめ

 

ナンパができない理由をウジウジ考えていても時間の無駄です。それなら、今すぐにでも成長につながるアクションを起こした方が何倍も生産的。

 

  • 「量」を追って声かけまくる
  • YouTube「すれ違い美人」で検索して、緊張感を味わう
  • 日常生活の中で、気軽に挨拶をしてみる
  • 通りに面したカフェやレストランで、シミュレーションをする

 

「量」を追うこと以外は、実に簡単なものばかりです。あなたに取り組みやすい方法で1つ1つ抑えていけば、失敗することなく、口説ける男の道を歩めます。

 

本日はここまで、ありがとうございました。