Pocket

 

「好みの女の子にナンパしてから、セックスするまでの流れがよくわからない。」

 

いざ、好みの女性をナンパでモノにしたいと思ったところで、ナンパ未経験者や初心者にとって、このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

 

たしかに、具体的なホテルに行くまでの流れがわかなければ、なかなか成功するイメージも持ちにくいですよね。

 

なので、結論から言ってしまいますと、【 好みの女性に声をかけて → お茶に連れ出し → 仲良くなり → ホテル 】というのが、基本的なナンパの流れ。

 

はっきり言って、ナンパで女性に声をかけてからセックスするまでは、至ってシンプル。決して難しいことではありません。

 

ということで、今回の記事は、ナンパの王道である、ストリートナンパで声をかけてからセックスするまでの、より具体的な流れについて、徹底的に解剖していきます。

 

ナンパ未経験者や初心者にとって、かなり参考になるはずなので、じっくり読み進めていって下さい。

 

・参考:【ストナンオープナー】ソロで初めて即った方法を全部話そうと思う

 

ナンパの具体的な流れとは?【声掛けからセックスまでの道のり】

 

いざ、ナンパに挑戦してみたいと思ったところで、そもそもナンパの流れがわからなければ、どうやったらいいのだろうか。という状態の方がほとんど。

 

冒頭では、ナンパの大まかな流れを書きましたが、正直に言ってしまうと、これが正解!というような正しい流れなんてありません。

 

なぜなら、世の中には道端で声をかけて、お店をはさまずにそのままホテルに行ってしまうということもあり得るから

 

とはいえ、私を始め、同じ流れで多くの男性が好みの女性をモノにしていることから、「ナンパ初心者でも、イメージしやすいナンパの“型”」として、ご紹介していきます。

 

その具体的なやり方とは、以下の通りです。

 

1)声をかけたい女性選定

2)声かけ

3)カフェで会話

4)お店を退店し、ホテルオファー

5)ふたりでホテル入室

 

声掛けから、ホテルへ行ってセックスするまでの流れは至ってシンプルなので、1つ1つじっくり見ていきましょう。

 

ナンパを始める、その前に


まず、ナンパを始めるその前に、確認しておかなければならないことがあります。これはとても大切なことで、忘れてしまうと女性を口説けないどころか、ナンパ自体が嫌になるでしょう。

 

それは何かというと、ナンパとは本来、“楽しい”ものだということ。

 

街ですれ違う好みの女性たちと会話が出来るわけですから、男にとってこんな楽しいことはありませんよね。

 

この心構えについては、「保存版】ナンパで圧倒的に人生を楽しむために必要な心構え!」について詳しく述べていますので、これを読んでから先を読み進めることをおすすめします。

 

声をかけたい女性選定


ここからが、いよいよナンパの入り口となります。街へ出たらまずやることは、好みの女性を探さすこと。

 

とはいえ、獲物を狙うハンターのような目つきでキョロキョロ物色するのは、はっきり言ってダサい。理想を言えば、普段生活しているときに“たまたま見かけたいい女”という感覚が望ましいですね。

 

そして、ざっくりで構いませんので、声をかけたいと思った女性の状態を観察すること。おおよその年齢、服装、どこに向かって歩いているのか、今何をしようとしているところなのか、など。

 

なぜなら、そこで得た情報が合っていようがいまいが、その後の女性との会話に影響するから。

 

声かけ


好みの女性を観察したら、次のステップは実際に声をかけること。ここで、多くの人が「なんて声をかければいいのか」が気になるところではないでしょうか。

 

じつは、これも正解というものがないんですね。とはいえ、少し無責任な感じがしますので、例えば「おつかれさまです。」や「ちょっといいですか?」などが無難なところ。

 

声かけにおいて大事なのは、「何と言うか」ではなく、「相手から何を引き出せたか」に尽きる。ちょっと考えればわかると思うのですが、相手から言葉を引き出せないのに、会話が続くわけありませんよね。

 

そこで、ナンパの声掛けにおいて、抑えておくべき2つのポイントは、たったのこれだけ。

 

  • インパクト
  • ユーモア

 

この2つを抑えた会話を仕掛けることで、相手の女性は思わず、笑いながらこちらに反応してしまったりするわけです。

 

おつかれさまです → って、全然疲れてないじゃないですか! → もしかして、ニートですか?

ちょっといいですか? → この辺で、カツ丼屋ないですか? → え、カツ丼嫌いでした?

 

というような流れで声をかけ、相手に会話を振れば、まず返答が返ってくるのがイメージできますよね?相手からの言葉を引き出し、会話を広げ、楽しませたら、お茶を誘ってみましょう。

 

また、ナンパで声をかけたあとにどんな会話をすればいいのか分からないといった悩みを抱える方も少なからずいますよね。

 

そのような方には、ナンパした女性との会話を盛り上げる方法について、以下でガッツリ語っておりますので、参考にしてみて下さい。

 

・参考:ストナンで会話が盛り上がらない!本当の原因と対処法を徹底解説!

 

カフェで会話


実際に声をかけて、お茶に誘った次のステップは、カフェ会話。飲み屋や、レストランじゃなくていいのだろうか、と思う方も多いかもしれません。

 

しかし、必ずしも、ナンパした女性を口説くのにお酒は必要ではありません。なぜなら、カフェなら女性もOKしやすく、かつ短い時間で済むから。

 

仲良くなるのは、どれだけの時間を話したかではないんです。時間が短くても、一気にお互いの仲を深めることはできるんです。

 

そのためのポイントは、何度も言うように、女性を楽しませること。

 

「この人と今日初めて会ったばかりなのに、私こんなに話しちゃった。」「なんかノリでついて来ちゃったけど、楽しいかも。」と思わせることで、その日のうちにホテルへ行く確率がグッと上がります。

 

お店を退店し、ホテルへ誘う


 

カフェである程度仲良くなり、女性がもう少しあなたと話していたいという気持ちが芽生えたら、今度はカフェを出て、いよいよホテルへ向かうステージ。

 

もともとカフェで会話するのは、こちらへの興味と期待を引き上げるためのものなので、長々と時間を使う必要はありません。

 

ホテルに誘うためのポイントは2つ。

 

  • 徐々にこのあとホテルに行く事を匂わせること。
  • カフェでの楽しいテンションを保つこと

 

なぜなら、楽しい雰囲気でホテルを誘うことで、女性に心の準備と、逃げ道を与えるため。ホテルだからといって真剣で重たい空気にさせてしまっては、セックスできる確率が極端に下がってしまうんですね

 

いきなり「このあとホテル行こう。」という誘い方でに上手くいくときも、稀にあるにはありますが、それではあまりにもギャンブル過ぎます。

 

具体的には、カフェを出たら手をつないでみたり、「このあと暇?」と聞きながらホテルへ向かって下さい。そのときも相手を楽しませることを忘れてはいけません。

 

ふたりでホテル入室


おめでとうございます。ホテルに入室したら、そのままキスしてしまってOK。たまにやらかしてしまう人がいますが、時間をかけてはダメです。

 

ほとんどの人が、ホテルで入室したものの、タイミングを見計らいすぎて、抱くことをせずに帰ってくる人ばかり。まるで、大縄跳びで自分の番のときにタイミングを見計らって、動けないようなものです。

 

ホテルまで入ることが出来たのですから、自信を持って抱き寄せましょう。余計な言葉なんていらないのです。

 

もし、相手が会話に夢中になっているようだったら、時には強引に、「あぁ、もううるさいから黙って。」と言いながらキスをするのも1つの手ですよ。

 

まとめ

 

ここまで、初心者でもストリートナンパで好みの女性をモノにすることが出来る、具体的な流れをお伝えしてきました。もう一度まとめておきましょう。

 

1)声をかけたい女性選定

2)声かけ

3)カフェで会話

4)お店を退店し、ホテルオファー

5)ふたりでホテル入室

 

ナンパは決して、難しいものではなく楽しいものなのです。もし、今から出会いを増やしたいのであれば、実際にセフレや出会いを量産出来るナンパに思い切ってトライしてみるといいでしょう。

 

ありがとうございました。