Pocket

 

ITSUKIです。

 

「ストナンで、トークが続かない」

「平行トークをしていても、盛り上げることができない」

 

このような悩みを持った方は、意外に少なくありません。ナンパにおける、トークで場を盛り上げる壁。これは、ナンパ初心者であれば誰もがぶつかるもの。

 

では、トークが盛り上がらない原因はなんでしょうか。面白い話ができないから?女の子ウケの良い会話ネタが少ないから?

 

答えは、全てNO。実を言うと、この考えは根本的に間違っている。

 

ということで、今回の記事はストナンで平行トークが盛り上がらない男に共通している意外な点と、トークスキルを上げる方法について、お話ししていきます。

 

ストナントークが上手くなるたった1つのコツ

 

ストナンでトークが盛り上がらない人が“致命的な”勘違いをていることは、「会話が上手い人=面白い話をたくさんできる人」だと思ってるということ。

 

結論から言いますと、トークが上手になるたった1つのコツは、「相手の会話を、より多く、より本音を引き出す」こと。

 

会話上手な人とは、相手の会話を引き出せるひとのことなのです。

 

つまり、相手からどんどん会話を引き出すことができれば、トークが続かない、といった悩みは消えてなくなります。

 

なぜなら、人は自分の話をたくさん、本音に近い言葉で吐き出すと、強い快楽を感じるから。だから、相手女性は、もっと話したくなります。

 

では、どうすれば、相手から気持ちよく会話を引き出せばいいのでしょうか。そのためには、相手の発言に対して、「ちょっとしたユーモア」で切り返せる、会話のパターンを持つこと。

 

例えば、「いっつもナンパしてるの?」という女性からの質問などは、ナンパではあるあるの流れ。そこで、「いや、そんなことないよ〜」とか「お姉さんがタイプだったから、つい。」と返しているようでは、成長はない。

 

「あ、これがナンパなんだ。」「お姉さん詳しいっすね〜」「よくナンパするの?」と切り返すだけ。これが「ちょっとしたユーモア」であり、会話の主役を相手に戻してあげる。

 

こういった会話が盛り上がる、決まった定番パターンを増やしていけば、誰と初対面でもトークは盛り上がります。

 

そもそも、トークが上手になりたい目的はなんでしょうか。これを明確に理解している人は案外少ないです。もちろん、ナンパで即ることに他ならないと思いますが、根本的には・・・

 

  • あなたと話していると、すごく楽しい
  • あなたと、もっと話していたい
  • あなたと、もっと一緒にいたい

 

これらに尽きるではないでしょうか。ということは、なおさら面白い話題のネタを増やすことは、必要ではありません。

 

相手の会話を、より多く、より本音を引き出すことができれば、女性の方からあなたとの熱い関係を望むんでくれるようになります。

 

ストナン平行トークが下手な人の共通点とは?

実は、ストナンで女性に声をかけて、連れ出せない。平行トークが全く盛り上がらない人。つまり、平行トークが下手な人には、ある共通点が存在します。

 

トークが弾まない原因は、知識量の問題ではありません。では、本当の原因はなんなのでしょうか。その共通点について、余すことなくお伝えしておきます。

 

かなり参考になりますので、自分自身の振り返りに使ってみて下さいね。

 

質問が一辺倒で、会話が広がらない

トークが盛り上がらない人に共通する点として多いのが、質問が一辺倒すぎて、会話が広がらないということ。

 

「何してるの?買い物?」

「そうなんだ。よく来るの?」

「へー、何買いに来たの?」

 

これではまるで、警察の尋問。こんな質問攻めを浴びせられた女の子は、決してナンパについていこうとは思わないでしょう。

 

これでは、会話をしていても窮屈な感じを与え、無視されるように逃げられるのオチ。大切なのは、質問して出てきた答えに対して、拾って、広げること。

 

「何してるの?」

「買い物。もう全部持ってるじゃないですか」

「これ以上なにが要るっていうんですか」

「わかった、彼氏に買わせにきたんでしょう」

「あ、1人で来たんだ?」

「なんか、すんません笑」

 

このようにして、相手女性とまともに会話をしようとしないこと。かといって、女性をバカにするというワケではありません。

 

大切なのは、相手を楽しませるということ。そのための言葉選び、会話パターンを覚えておくと、どんなシーンでどんな相手だろうと盛り上がることができます。

 

うまく会話しようとし過ぎている

 

トーク力を鍛えたいなら、「上手いトークで盛り上げよう」などとは考えないこと。

 

極論、相手と会話しているときは、何も考えない方が結果として、盛り上げることができるのです。なぜなら、頭で考えながら話していると不自然になるから。

 

スポーツでもそうじゃないですか。本番において、ゼロコンマを争う場面もあります。そんなシーンにおいて、頭で考えながらやっていては、当然遅いですよね。

 

大切なのは、リラックス。練習したことを本番で100%出し切るには、本番をリラックスして迎えること。

 

それは、コミュニケーションも同じなんです。「盛り上げよう盛り上げよう」と思っているうちは、空回りするだけ。

 

肩のチカラが抜け、余計なことを考えなくなってくると、会話に柔軟性が出てきます。その状態で会話をしていると結果的に場が盛り上がるということを、忘れてはいけません。

 

まとめ

 

ナンパの声かけで連れ出すトーク、好みの女性をモノにするトーク、どのシーンにおいてもトークの本質は、相手を楽しませるということ。

 

トークが盛り上がらない人は、会話を上手くやろうとしすぎていたり、質問ばかりの会話になってしまっていないでしょうか。

 

難しいことは、何一つありません。1日1パターンずつ、盛り上げる会話パターンを覚えていけば、会話スキルと共に、ナンパの成功率は飛躍的に高まるでしょう。

 

ありがとうございました。