Pocket

 

「雨の日はナンパしても、女の子の反応悪いから諦めよう・・・」

「雨が降っているから、気分も乗らないしな」

 

雨が降ると、ついそのように判断してしまう人は多いのではないでしょうか。いざ、街へ出て好みの女性をナンパしようと思っても、雨が降ってしまうと一気にモチベーションは下がってしまいますよね。

 

実は、これがが大きな落とし穴。

 

ナンパの腕を上達させていくにあたって、いちばん大切なのは、継続すること。そしてその継続が、いちばん難しいのは誰もが知っているもの。

 

それなら、雨の日に特化したナンパの方法さえマスターすれば、ほとんどの問題は解決できるのではないでしょうか。

 

ということで、今回の記事は、雨の日でも美女をモノにするための雨の日専用ナンパ方法について、徹底的にお話ししていきますので、じっくり読み進めていって下さい。

 

・参考:ストナンの声かけ方法を“完全解説”!好みの女性を即る方法とは?

 

雨の日こそナンパがおすすめする理由

 

「雨の日はナンパしても、女の子の反応は悪いだろうなぁ。」と考えてしまうもの。とはいえ、この考えはたしかに紛れもない事実。

 

なぜなら、雨というだけで女の子のもともとの不快指数が高いから。その分、どうしても無視されやすく、成功率は下がってしまいます。

 

それでも、悪天候であってもナンパはぜひトライすべき。今まさに目の前に声をかけてみたい女性がいるのであればなおさら。

 

では、なぜ雨の日でもナンパがおすすめなのか。その常識はずれの理由について、さっそく見ていきましょう・・・。

 

ライバルが少ない

 

冒頭でもお話ししましたが、雨の日になるとライバルが圧倒的に減るということ。これは、想像に容易いかもしれません。

 

だれもが同じように考えるからこそ、街にはナンパ師が減るので、アプローチしやすくなります。とくに、大きな繁華街などでは、この差がはっきり出てくるもの。

 

また、雨の日にナンパに外で出た人がいたとしても、女性の反応率は下がっているので、なかなか成功しない人が多いのです。

 

だからこそ、この記事に書いてある雨の日のナンパの戦い方を参考にして下さい。そうすれば、この雨の日の市場で、一人勝ちできるチカラをマスター出来る。

 

環境で共有できるものが多い。

 

ちょっと考えればわかると思いますが、ナンパでいちばん大切なのって、「声かけ」ですよね。その第一声を考えるために主にストナンでは、女性をよく観察して、何か話題として使えるものはないかなと感じたりするもの。

 

ところが、「雨の日」の特性を活かせば、「雨」や「傘」や「雨宿り」といったキーワードをアプローチに組み込めるので、声かけ方法や、会話の種に困ることはありません。

 

その声かけ方法については、これよりご紹介していきます。かなり参考になるはずなので、ぜひあなたのナンパ活動に取り入れてみて下さい。

 

雨の日にナンパするなら、どんな女性に声をかけるのがおすすめ?

 

雨の日こそナンパをすべきだとお話ししてきました。では、雨の日は、どんな女性が声をかけやすいのでしょうか。

 

結論から言ってしまうと、以下のような女性がおすすめ。

 

  • 雨宿り中の女性
  • ビニール傘を持っている女性
  • 特徴的な傘を持っている女性

 

これらに共通することは、ナンパの最初の一声かけ目で指摘しやすいモノや状況にあるということ。女性脳とは、目の前にあるようなわかりやすい話題に反応しやすい特徴があります。

 

たとえば、雨宿り中だったら「降ってきちゃいましたね」と言うだけで、「本当ですね」と返ってきやすいのは想像できますよね。

 

ビニール傘を持っている女性だったら、ビニール傘自体を共有して声をかけやすいのです。

「待って、待って」

「なんで、そんな服装おしゃれなのに」

「傘だけ手を抜いたんですか」

「笑」

 

また、特徴的な傘を持った女性も、声かけの言葉に迷う必要はありませんよね。

「ものすごいオシャレな傘だなーって思って」

「ぼくの傘と交換してくれないっすか」

「こう見えて、ブランドの傘なんすよこれ」

「ビニールで出来てるんですけどね?」

 

いちいち説明しなくても、「なんのことを言っているのかすぐ分かる」物事を使って声をかけるから、女性が反応しやすいのです。

 

・参考:ナンパ地蔵克服!ストナンで声かけへの“怖い”を打破する4つの方法

 

雨の日専用ナンパアプローチ方法

 

雨の日は誰もがナンパを敬遠したがるもの。とはいえ、ナンパだけに限られたことではありませんが、何かスキルを磨いていくに上で、大切な要素が「継続すること」。

 

自分の中の、やる気とかモチベーションだったら、いくらでもコントロールしてみせるけど、雨とは天候はコントロールしたくても出来ないものですよね。

 

とはいえ、これからご紹介するナンパアプローチを身につければ、雨の日でも十分にナンパ活動ができる情報なので、あなたのナンパスキルは鈍るどころか、より洗練されていくでしょう。

 

<会話パターン1>

「最近、ほぼ毎日ですよね」

「嫌になっちゃいますね。」

 

<会話パターン2>

「雨やまないっすね」

「雨宿り中ですか?」

「待ち合わせ?」

 

これらは一番の王道の声かけ。ポイントは、自然に声をかけ、自然に会話を成り立たせること。正直、これが全てと言っても過言ではありません。

 

とはいえ、その「自然さ」が難しいという人も少なくありません。そこで、そういった雰囲気を作るには、「間」を取ること。

 

会話が成立し、「最近毎日っすね。」「嫌になっちゃいますよね。」など会話を温めていき、お茶に誘う時は、以下のように展開するのが吉。

 

「ってか、雨宿り中でしょ」

「中で(上で)お茶しません?」

「あと35分で止むらしいんで」

「中の(上の)カフェ、雨の日、ケーキ食べ放題なんですよ知ってました?」

「まぁそれは嘘なんですけど、35分で止むのは本当なんで」

 

といったユーモアでウィットに富んだ誘い方ができるといいですね。また、こういった会話は、雨の中を傘をさして歩いている女性より、コンビニやデパート、地下街などで立ち止まっている女性であれば、OKが出やすい。

 

雨の日のナンパは外だけじゃなくて、屋内も狙い目!

 

これまで雨の日の屋外ナンパについてお話ししてきましたが、屋内ナンパも当然狙いどころ。屋内でナンパする場合のおすすめの場所は以下のスポットです。

 

  • 駅構内
  • 本屋、書店、レンタルビデオ
  • カフェ
  • 大型ショッピングモール

 

雨の日はこういった場所であれば、女性も多く、ストレスなく声をかけることができます。屋内でのナンパは天候に左右されないので、外ではどうしても・・・というときに利用するといいかもしれませんね。

 

屋内でのナンパ方法は、決してむずかしいものではありませんが、以下の記事を参考にすると、成功率が格段を上がるのは言うまでもないでしょう。

 

ぜひ参考に読んでみて下さい。

 

・参考カフェ・喫茶店のナンパを徹底解剖!好みの女性をモノにする方法とは

 

雨の日にナンパするときの、おすすめファッションアイテム

 

雨の日にたまたま見かけた女性に声をかけるなら、そのままの格好でOKですが、「ナンパしに行こう」と考えて街に出るのであれば、雨の日に有利な服装をきちんと準備しておくべき。

 

そこで、雨の日に大活躍するファッションアイテムは、長靴。革靴やスニーカーでは当然汚れてしまいますが、長靴であれば、ある程度歩き回ることができるので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

 

 

とくにレインブーツであれば、細身でシンプルなのがおすすめ。黒のスキニーパンツなどと合わせて、洗練された足元コーデが作れるので、いわゆるイケてる雰囲気が作れます。

 

また、防水スプレーなども持っておけば、重宝できるでしょう。

 

まとめ

 

雨の日のナンパは、正しい方法さえ知ることができれば、驚くほどナンパが成功する。

 

これまでのあなたは、「今日は雨が降っているから、諦めよう。」そんなふうに思っていたかもしれない。しかし、どんな条件であっても、素晴らしい出会いを創り出せる男になるには、

 

「今日は雨か。チャンスだぞ」と捉えてほしい。考え方一つで、結果というのは大きく変わっていくものなのです。本物のモテる男になりたいなら、間違いなく後者を選ぼう。

 

ありがとうございました。