Pocket

 

ストナン初心者でも、高確率で連れ出せるオープナーとルーティンを持っていれば、ナンパにおいて大きな自信になるのではないでしょうか。

 

「あぁ、あんな女を彼女にしてみたいなぁ」

「あんな美女と一度はヤってみたいなぁ」

 

男なら誰しも、街で見かけた魅力的な女性に対して、このような願望を抱いたことがある男性は多いはず。また、そういった女性をゲットするべく、ストナン(ストリートナンパ)に挑戦する人は少なくありません。

 

とはいえ、いざナンパしようと決意して街へ出るも、オープナー(何と声をかけるのか)が分からない、ましてやルーティン(その後の会話が)分からないという悩みを持つ方も多いのも事実。

 

ということで、今回の記事は、ストナンで好みの女性をモノにするために、あなたが最短・最速で良い思いが出来るためのストナンオープナー&ルーティンをご紹介していきます。

 

具体的な会話例も載せていますので、かなり参考になるはず。すこしでもいい女をモノにできる男になりましょう。

 

・参考:ストナンの声かけ方法を“完全解説”!好みの女性を即る方法とは?

 

ストナンにおける「オープナー」や「ルーティン」とは?

 

そもそも、ストナンにおけるオープナーやルーティンってどういう意味なのか。もちろんご存知の方も多いでしょうが、あえてお話させて下さい。

 

ナンパでは声をかけた女の子との会話を成立させる言葉を【オープナー】と言います。ストナンにおいては、このオープナーがとても重要で、セリフの発し方、声のトーンなどで女の子のオープン率が変わってくるんですね。

 

ルーティンについては、オープン(反応)した後の女の子とのやり取りを台本化したもの。どんなオープナーで声をかけたかによって、その後の展開をルーティン化しているのです。

 

このオープンやルーティンは、ナンパ初心者や未経験者にはかなり大事な要素。

 

なぜなら、オープンとルーティンを覚えておくことで、現場で「女性との会話につまってしまう」「何と話したらいいかわからない」といった事態を防ぐことができるから。

 

3種類のストナンオープナー&ルーティン集と具体的な会話例を公開!

 

ストナンにトライしようと街へ出たものの、女性を反応させるオープナーとその後に続くルーティンが、きちっと自分の中で染み込んでいないために、地蔵になってしまう方も決して少なくありません。

 

もちろん、これが全てではありませんが、オープナーとルーティンをモノにするだけで、現場では自信を持って動けるようになる人もいます。

 

であれば、あなた自身が動けるようであるには、間違いなくオープナーとルーティンをしっかり学ぶ必要がある。

 

直接オープナー・間接オープナー・その他オープナーの3種類のオープナーとルーティンを今回はご紹介していくので、1つ1つじっくり読み進めていきましょう。

 

・参考:ナンパ地蔵克服!ストナンで“声かけが怖い”を変える2つの習慣!

 

ストナンオープナー&ルーティン集⑴<直接系>

 

ストナンでは直接系オープナー・ルーティンと言われる、「あなたが、魅力的だったから声をかけた」と、いわゆるナンパであることを全面に出した声かけ方法があります。

 

直接系のメリットとして、声かけから連れ出しのオファーまでの話が早いということ。反対にデメリットとして、ナンパであることが伝わっていますので、女性も断るモーションをしてきやすい。

 

とはいえ、ルーティンによっては、断られても挽回する事は可能なので、気にする必要はまったくないでしょう。

 

<会話例 1>

 

「あの、」or「ねぇ、」など、あなたが発しやすい言葉で話かけましょう。

「1個だけ質問したいんですけど」

「はい」女、こちらを見る。

「何食ったら、そんなに綺麗になるんすか?」

「いやいや、笑」

「いや、すごい天使がいると思って。天使ですか?」

「ちがいます。笑」

「違うんですか?俺、さすがに声かけなきゃ人生終わると思ったんで」

「ありがとうございます、笑」

「人生終わりそうな顔してるでしょ?」

「・・・そうですね、笑」女、こちらを見ながら。

「あ、今調子に乗りましたね?」

「乗りました、笑」

 

直接系オープナーのポイントとしては、「あなたが魅力的だから声をかけた」ということをストレートに伝えるのではなく、ユーモラスに伝えること。

 

そうすることによって、相手からもツッコミ系の返事を期待できますので、会話が成立しやすくなります。とはいえ、褒めベースのナンパなので、会話をコントロールするにはやや難易度が高いといったところでしょうか。

 

ストナンオープナー&ルーティン集⑵<間接系>

 

間接系オープナーと呼ばれる、一見、ナンパだと思われないような声かけ方法です。異性として関心を示さないような態度で接するので、女性からリアクションは得られやすいでしょう。

 

私はよく、この間接オープナーを使ってナンパしています。

 

<会話例 1>

「ねぇ」

「ちょっといいですか?」

女、こちらを見る。

「この辺で、これくらいのペンギン見ませんでしたか?」

「ペンギン、ですか?」

「はい、ペンギンです」

「わからないです、笑」

「わからない?」

「ひょっとして、ペンギンが何だかわからない」

「いや、ペンギンはわかります、笑」

「ペンギンはわかる?」

「じゃあーペンギンの足って何色?」

「笑、き、黄色」

「おぉー、すごい」

「じゃあ、足の上は?」

「く、くろ?笑」

「おぉ、おぉ!じゃあ・・・クチバシは?」

「笑、黄色」

「あー、黄色なんだ・・・。」

「え、なんで笑」

 

<会話例 2>

「おい、おい」

女、無言でこちらを見る

「落とした」じゃがりこを見せる。

「落としてない、笑」

「落としてない?なんで嘘つくの」

「あ、さてはー、万引きだな?」

「笑」

「わかるわかる、万引きしたくなっちゃうよな」

「美味しいもんな」

「いや、万引きしてないから笑」

 

間接系でオープンさせるコツは、演技力。ほんとに焦って探してるかのように、落し物を拾って届けに来たかのように入ることで、女の子の反応率は格段と上がります。

 

ストナンオープナー&ルーティン集⑶<共有系>

 

直接オープナーでも間接オープナーではないオープナーに位置しており、シーンによって、“そのとき、思わず、声かけてしまった”というニュアンスが強い声かけ方法です。

 

<会話例1:雨の時、傘をさしている女性へのオープナー>

 

「ねぇ」

女性、こちらをちらっと見る。

「傘、濡れてますよ」

「いや、笑」

「もうすごい、大変ですよ」

「雨降ってるから、笑」

「あ、雨降ってるからなんですね。さすが」

「傘ささないんですか?笑」

「あー、差した方がいいですかね?」

「はい、濡れちゃいますよ、笑」

「なるほどね。じゃあ入れてもらっていいですか?」

「なんでですか、笑」

「濡れちゃいますよ、僕」

 

ストナンでオープナー&ルーティンを使いこなすコツは、「自然さ」である

 

どのオープナーやルーティンにも共通して言えるコツは、自然な言葉として発することができるかどうかということ。

 

同じオープナーとルーティンを使っても、ナンパ成功率に大きく差が出てくる人は、ほとんどここがキモ。失敗してしまう人は、やはり「不自然さ」がどうしても拭ず、女性との会話が盛り上がらないといったことが多いんですね。

 

では、どうしたら違和感を感じない「自然」なレベルまでセリフをモノにすることが出来るのでしょか。

 

それは、やはり繰り返しの練習が必要。考えてみれば、当たり前のことですよね。スポーツでも新しいフォームを身につけたかったら、何回も練習するもの。

 

1度見ただけで、本番で正しいフォームでできる、そんなセンスに恵まれた方は決して多くありません。だからこそ、繰り返し繰り返しの練習が大切なのです。

 

当サイトにもある、ナンパ音声を聴き流しながら、セリフを繰り返し発する練習をすることで、より実践に近い形で覚えることができますので、ぜひ活用してみて下さいね。

 

まとめ

 

ストナンオープナーは大きく、直接と間接の2種類に大別されます。

 

とはいえ、上記に挙げた、オープナーやルーティンを使う場合の忘れてはならないコトがあります。それは、言葉を覚えるだけ覚えて、セリフ調になってしまっていはいけないという事。

 

また、「覚えた言葉、間違えずにちゃんと言えるかな。」と不安になってもいけません。そうすると、緊張につながってしまうので、会話がぎこちなくなってしまうという方が多くいます。

 

大切なのは、現場ではいい意味で何も考えない事。あなたが培ってきた能力を100%出し切るには、現場以外でとにかく練習し、本番では何も考えないようにしましょう。

 

本日はここまで、ありがとうございました。