Pocket

 

突然ですが、ナンパの声かけルーティンというものをご存知でしょうか。

 

ナンパで女の子に声をかけれるようになりたい!」

「頑張って声をかけても、うまく話すことができません!」

 

街行く好みの女性に声をかけようと、ナンパを始めた男達のよくぶち当たる壁として、「なんと声をかけたらいいのか?」という悩みを持つ方は少なくありません。

 

この悩みを解決するためには、声かけルーティンを身につけることに尽きます。

 

今回の記事では、ナンパの成功率を飛躍的に高める、声かけルーティンと、連れ出し〜即のルーティンについて、余すことなくお話ししていきます。

 

かなり参考になると思いますで、少しでもナンパのお持ち帰り率を上げていきましょう。

 

・参考:ストナンオープナー】ソロで初めて即った方法を全部話そうと思う

 

声かけルーティンとは?声かけをルーティン化することのメリット

 

そもそも、「ナンパのルーティン」とは何でしょうか? 簡潔にお伝えすると、「型」や「決まりごと」のようなもの。

 

つまり、声かけルーティンとは、街で好みの女性に声をかけるための一連の型の事です。

 

ちなみに、なぜナンパする際には「ルーティン化」すると良いと言われているのでしょうか。

 

メリットの1つに、ナンパで声をかけられない「地蔵状態」を避けれるからです

 

女性に声をかけようとすると、頭でいろいろ考えてしまい、結果的に動けなくなってしまうのは、ナンパで地蔵する方に共通する点です。

 

つまり、声をかける前に頭でいろいろ考えてしまうから地蔵になるんです。

 

これを防ぐために、声をかけるまでの一連の動きを、あらかじめ決めておくと余計な考えを巡らせる隙をなくす事に繋がります。

 

また、やるべきことが決まっていると現場で迷わなくて済みますよね。ナンパの声かけでは、淡々と声をかける姿勢はとても大切です。

 

淡々と行う姿勢が身に付くとと、女性のリアクションに対して、柔軟に対応しやすくなるのが大きな利点。

 

ストナンでなるべく早く結果を出したいのであれば、声かけルーティンを知り、いつでも話せるように準備しておきましょう。

 

ナンパ初心者&未経験者におすすめ!声かけ、連れ出し、即ルーティンまとめ!

 

では、ここからは具体的な声かけルーティンを紹介していきます。

 

初心者や未経験者の方がルーティンを選ぶ上で欠かせないポイントは、以下の2つです。

 

  • 比較的、誰でも簡単に使いこなせるもの
  • 高い成功率が約束されたもの

 

ぶっちゃけて言うと、これだけでストナンの大きな武器になるのは間違いありません。どれも、素晴らしい成功率を誇るものばかりです。

 

それでは、声かけから始まり、連れ出し、即のルーティンも合わせて、早速見ていきましょう。

 

声かけルーティン①「この辺で、これくらいのペンギン見なかった?」


 

「ねぇ」

「ちょっといい」

「この辺で、これくらいのペンギン見なかった?」

 

というセリフから始まるロストアプローチ。はっきり言って、今日本で一番高い成功率を誇る声かけ方法と言っても過言ではありません。

 

なぜ、このルーティンがおすすめかと言うと、ユーモラスな会話展開がしやすいのです。相手を楽しませるのは、ナンパの成功させる上で必要な要素なのです。

 

退屈なナンパよりも、思わず笑っちゃうナンパの方が、思わず話を聞いてしまいますよね。

 

女性のリアクションが、「見てない」などの返答であれば、以下のように会話を展開していくと、女性の笑いをドンドン大きくさせられるので、セット会話として覚えておくといいでしょう。

 

「見てない?」

「見てよ」

「見ていこうよ」

「どんどん視野を広くもって」

「つか、そのバッグの中に入っているでしょ」

 

もしペンギンナンパを詳しく理解したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

・参考:“本当の”ペンギンナンパ(ロストアプローチ)方法を徹底解説!

 

声かけルーティン②「これ、落としたよ」


 

「おい」

「これ、落とした」

「バッグから、ゴロゴロって落ちてきた」

 

こちらは落し物オープナーと呼ばれる、落し物を拾って届けにきたという体で声をかけるやり方。ポイントは、女性が明らかに落とさないようなアイテムを見せるといいですね。

 

例えば、ハンカチやハンドクリームとかよりも、男物のジャケット、じゃがりこ、サバ缶などはユーモラスに富んでいて使いやすのでオススメです。

 

「マジでちがうの?」

「あ、わかった万引きか?」

「俺こう見えてGメンなんだよ」

 

女性の反応がよければ、以上のように畳み掛けていくと、さらに反応を大きく引き上げることができます。

 

ナンパにおいて、相手の感情や会話をコントロールすることはとても重要です。

 

このルーティンをマスターすれば高確率で連れ出すことが出来て、即率が上がりますので、ぜひ試してみてください。

 

・参考:【じゃがりこナンパ】本当に成功するの?ヘタな男がやらかしてる事!

 

喜んでついてくる、連れ出しルーティン


 

 

「本当喋りすぎちゃって、のど乾いたんで、軽くそこ行きません?」

「あそこで、ペンギンについて語り合いません?」

「ものすごいあついコーヒーと、冷めたコーヒーだったらどっちがいい?」

 

連れ出しルーティンにおいて、最も大切なのは、自分に対して興味や期待を抱かせながら、粘ること。

 

「お願い!ちょっとだけ? 暇でしょ? 時間あるでしょ? 帰って何するの? ・・だったらいいじゃん〜。」といった、ただしつこいだけのオファーは、もはや迷惑でしかありません。

 

ユーモラスでウィットに富んだ要素を入れて、相手を楽しませる必要があるのです。

 

決して、説得や、お願い系のオファーになってはいけません。

 

即ルーティン


結論から言うと、ヤリたい感たっぷりの焦ったオファーはNGです。

 

とはいえ、女性からの OKを引き出すには、ユーモラス性は必須。これは声かけから連れ出しと一貫しています。つまり全てにおいて必要なのです。

 

「あっちのお化けが出そうなホテルと、出なさそうなホテルだったらどっちがいい?」

「あそこで、彼氏呼んでるから。一緒に謝りに行こう。」

「ここ実は、隠れミシュランなんだよね。」

「マジで、つかオレの方がビビってるからね、ほら。」手をオーバーに震えさせる

 

このように、重くならずに気軽に誘いましょう。驚くかもしれませんが、セックスに価値を置きすぎて、丁寧に丁寧に誘おうとすると、逆に断られてしまうので注意が必要です。

 

ストナンで女の子に声かけてもガンシカされる理由とは?

 

ここまでお伝えしても、まだ気を抜いてはいけません。

 

たとえ、最高の声かけルーティンを身につけても、相手にガンシカ(無視)されてしまう事がありますよね。その対処法をこれからお伝えしますが、そもそもガンシカされる理由を考えた事はありますか?

 

結論から言うと、理由を大きく2つに大別できます。

 

  • 印象でNGをくらう
  • 会話の中でNGをくらう

 

印象でNGをくらう


声をかけたときの第一印象で、無視すると判断されているパターンです。この場合の改善点は、見た目の雰囲気を良くしていくしかありません。

 

また、これはファッションに限ったことではないのです。オドオドした様子や、緊張した感じの様子では、ガンシカされることも十分ありえます。

 

ナンパに対する後ろめたさや、断れることへの恐怖などがあると、態度に現れてしまいます。

 

改善するのは決して簡単ではありませんが、マインドを繰り返し鍛えていく必要があります。

 

下記の記事に、マインドセットについて詳しく述べていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

・参考:【ナンパマインドセット】あなたを女に強い男にする方法を語ってみた

 

会話の中でNGをくらう


声かけオープナーによって、最初は反応してくれたのに、その後が続かずに無視されてしまうパターンもあります。

 

この原因は、女性のリアクションを正しく拾えていないからです。

 

  • 笑いや笑顔を伴った反応
  • 無表情のままの無視
  • どちらでもないが低反応

 

女性の反応はこの3つに分かれます。この3つの反応を正しく拾えないと、せっかくのチャンスを無駄にし、そのあと逃げられるように去って行ったということになりかねません。

 

対処法としては、笑ってくれている女性には、セット会話をそのまま畳み掛けると、会話が弾んでいい流れになります。

 

無表情の場合は、ルーティンをやり続けても空回りしてしまうので、無視やシカトそのものを指摘する、いわゆるガンシカ崩しを行うのがセオリー。

 

低反応の場合も、見極めが重要ですが、ルーティンを一旦やめて、女性の持ち物やファッションを指摘した会話にすると反応が良くなる傾向にあります。

 

声かけルーティン以外で、無視されてしまいがちなミスとは

 

実は、うまくいかない人の中には、声かけルーティン以外で無視されてしまう「致命的なミス」をしている場合があります。

 

例えば、自分が思っているよりも、女性の意識に入っていない時に声をかけてしまっていることが考えられます。声をかける時は、必ず相手の意識に入るよう、斜め前のポジションで声をかけましょう。

 

普通に考えたら、当たり前のことですよね。

 

また、声をかけた時のトーンが不自然に低かったり、違和感を感じさせると無視されがちです。失敗する人のほとんどは「ただセリフを言えばOK」と勘違いしてしまうのです。

 

落し物オープナーにしろ、ペンギンにしろ、道聞きにしろ、相手から反応を最大限引き出すには、「演じる」事がとても大切になってきます。

 

「本当に道に迷っている」「真剣に落し物を届けにきた」「真剣にペンギンを探している」といった、演技力があって、女性に思わず反応してしまうんですね。

 

いかにも、「おれ、面白いこと言ってるだろう?」とネタを披露している感じで声をかけては、上手くいくはずがありません。

 

まとめ

 

ナンパ初心者や未経験者がナンパに取り組む際、声かけルーティンを決めるのは、もはやマストです。逆に言えば、これを徹底せずにお持ち帰りを目指すのはかなり遠回りでしょう。

 

成功率を高めるには、女性に大きな期待と興味を抱いてもらう必要があります。そのために、声かけ〜即まででは共通して、ユーモラスでウィットに富んだ会話をすること。

 

ルーティンを身につけるのが面倒だと思っている内は、女性をナンパでゲットするのは、まだまだ遠い先の話かもしれないと思った方がいいです。

 

最短・最速で好みの女性をモノにしたければ、準備は徹底してやっておきましょう。