Pocket

 

どうも、ITSUKIです。

 

「本当にいい女をモノにしたり、好みの女性を彼女をしたいけど、街中で女性に対する声のかけ方がわからないんです・・・。」

 

このような悩みを持っている方は意外に少なくありません。男として、街中で見かける魅力的な女性をモノにしたいと思ったり、連れて歩いてみたいと思うものですよね。

 

そうは思っても、多くの方が横目で見るだけで諦めてしまうのが現実。ですが、もう諦める必要はありません。なぜなら、今まであなたは、街中で女性に対する正しい声のかけ方がわからなかっただけだから。

 

そこで今回の記事では、あなたが街中で好みの女性への簡単で正しい声のかけ方について、じっくりお話ししていきましょう。

 

ナンパ師が語る!街中で女性に声をかけ方で、成功するために抑えておきたい2つのポイント

 

ほとんどの男性が、街中で魅力的な女性を見かけても、声のかけ方さえ分からず、横目で見るだけで何のアクションも起こさないもの。その度に自分に対してモヤモヤしていては、決して人生は満たされないでしょう。

 

あなたが心から満足いく女性に声をかけれるようになるには、正しいアプローチ方法を知る前に、成功するために抑えておきたい2つの大切なポイントがあるんですね。

 

まずは、そこからお話ししていきましょう・・・。

 

案外、街中で女性に声をかけるのに外見が関係ない

 

見知らぬ女性に声をかけるのに、ものすごくイケメンであったり、すこぶるお洒落さんである必要は一切ありません。なぜなら、声をかけられた女性は、実際そこまで見ていないから。

 

彼女たちは、あなたをパッと見たときのトータルの雰囲気を感じ取っているのですよ。だから、大事なのって顔の掘りの深さや、整ったパーツ、着ている服の高級ブランドではなく、“清潔感”。それがキホン中のキホンです。

 

家を出る前に、必ず鏡を見る習慣を身につけて、最低限相手を不快にさせない清潔感を手に入れましょう。

 

人のいない閑散とした場所では注意しよう

基本的に声をかけるところは街中だと思いますが、まれに人通りのかなり少ない閑散とした場所になっているという事は珍しくないんですね。

 

しかし、ここで声をかける時には、落ち着いたトーンとテンションで声をかけるようにして下さい。なぜなら、閑散とした場所でハイテンションでノリよく声をかけれても、女性にとってただ怖いだけだから。

 

「〜〜行きたいんですが」系の道聞きや「〜〜見ませんでしたか?」といった感じの声かけの方が無難でしょう。

 

ナンパ師が語る!街中で女性への声のかけ方3つのポイント

 

多くの男性が、街中で好みの女性を見かけても、正しい声をかけ方が分からず、何のアクションも起こさないまま、スルーしてしまうもの。

 

はっきり、言いましょう。今のままでは、あなたの人生は何も変わりません。

 

ですが、正しい順番と、正しいアプローチ方法を知って、素直に実行すれば、あなたの出会いの数は、飛躍的に高まるでしょう。これは、難しいことではないので、一つ一つじっくりと読み進めていって下さい。

 

道を尋ねる声かけがおすすめ

街行く女性への声のかけるときにおすすめなのは、道を尋ねること。

 

なぜなら、誰もが人生で1度は道を聞いた経験があるでしょうし、女性の反応も、基本やさしいから。人助けなので、無下に扱われることが無いんですよね。

 

実際に道に迷う必要は、ありません。あくまで好みの女性を話すきっかけ作りなのですから。出来れば、道を尋ねるときには、近くのコンビニや薬局ではなくて、ある程度距離のある、公共施設などがいいでしょう。

 

・参考記事:ナンパ成功率爆上げ!道聞くやり方を具体的にアドバイスしようと思う

 

女性の持ち物を共有して、会話を広げる

 

道を尋ねて、教えてもらって、お礼を言う。これだけで終わってしまっては、女性と仲良くなることはほぼ無理ですね。そこから強引に「お礼にお茶でも・・・」というのも考えられますが、かなり無理があります。

 

そこで、道を教えてもらっている中で、話題を変えなければなりません、それも、自然に。そこで役に立つのが、相手の持っている洋服やバッグ、靴などをネタに会話を降ること。

 

「ってか、そのコートお洒落ですね。」「春っぽくて素敵です。」「どこのだろう。セレクト?」といった感じで、“気になってしまったので、思わず聞いた”というニュアンスで、会話を挟んでいきましょう。

 

誰でも使いやすいポイントは、さりげなく「褒め」をベースに会話していくこと。

 

・参考記事:道聞きナンパから会話を広げるには?基本形を日本一わかりやすく解説

 

お茶を誘ったり、連絡先を交換する方法

連絡先を交換する場合でも、まずは、必ずお茶を誘うようにして下さい。そして、断れたら、連絡先交換をすればOK。

 

なぜ、最初は必ずお茶なのか、と言いますと、人は2度続けて断るのは居心地が悪く感じるもの。また心理学を使って、お茶のオファーを断らせておくことで、そのあとの連絡先を聞くと、「連絡先だけなら・・・」という感情に、なりやすいんです。

 

お茶を誘うときは、自然な流れで誘うのがベストなので、「あそこで、ファッション講義して下さいよ。」と言いながら通りのカフェを指を差す、感じがいいですね。

 

また、道を尋ねた目的地によっては、「よかったら、暑いんで飲みながら行きません?おごりますよ。」というようにラフに誘うのも1つの手。

 

それで断られて初めて、「わかった、じゃあ今度誘うよ。連絡先教えて」と言った感じで、スマホを取り出し、連絡先の交換しましょう。

 

お茶のオファーは、あまり粘らずに、早めに連絡先交換にうつった方がいいです。

 

・参考記事:道聞きオープナーを極めて地蔵を回避!アプローチ方法を徹底解説!

 

まとめ

 

多くの男性が、街行く魅力的な女性に、声をかけようと思っても、かけられないもの。

 

それは、正しい声のかけ方や会話の広げ方、そしてお茶の誘い方を知らないから。正しい順番で正しい方法で取り組めば、あなたは、必ず、いいなと思った女性をモノにすることが出来ます。

 

最初は、気軽に道を聞くところから、初めてみましょう。

 

本日はここまで、ありがとうございました。