Pocket

 

出会いがないから、ナンパをしようと決意し、街へ出るも、「1人も声をかけできない」と落ち込む方は多いのではないでしょうか?

 

ナンパ初心者にとって、多くの人がぶち当たる壁、それが、「声かけ地蔵」。頭では声をかけようと思っているのに、身体が鉛のように重たくなってしまう状態をそう呼びます。

 

実は、この地蔵になってしまう理由には、5つタイプがあるのをご存知でしょうか。人それぞれ、動けなくる理由は違うため、当然、地蔵を打破するための対策もそれぞれ変わってきます。

 

ということで今回は、タイプ別の5つの地蔵になる理由とそれぞれの対策を徹底的に解説していきます。

 

かなり参考になるはずなので、「自分はどのタイプに当てはまるだろう」という目線で読み進めていって下さいね。

 

・参考:ナンパ地蔵克服!ストナンで“声かけが怖い”を変える2つの習慣!

 

ナンパで声かけできない5つの理由と対策を地蔵タイプ別に徹底解説!

 

街ゆく女性に、声かけできないナンパ地蔵の6つの理由について、さっそくお話していくわけですが、以下がその6つのタイプとなります。

 

  • 最初の1人目に、声を掛けられない
  • 一度失敗すると、動けなくなる。
  • 好みの女性になるとビビってしまう。
  • 周りの目が気になってしまう。
  • キツイ言葉が怖くて、動けない。

 

人によって、このうちのどれか1つであったり、複数あったりするもの。1つ1つじっくり読み進めていきましょう。

 

最初の1人目に、声を掛けられない。


 

「最初に1人目がどうしても声かけられないんです・・・!」というタイプの地蔵。このタイプの方は1人に声をかける事が出来ると、2、3人目と割とスムーズに声をかけられる人が多いですね。

 

ですが、毎回街に出るたびに気持ちがリセットされるので、最初の1人だけはいつも腰が重くなり、なかなか動けなくなってしまいがち。

 

このタイプの対策なのですが、1つ、大前提としておかしな事があることに気づいていないんですね。

 

それは、最初の1人目を、なぜ失敗する前提でナンパしているのか?という事。あなたが好みの女性にアプローチする以上は1人目だろうと3人目だろうと、100%の力を出すべきです。

 

失敗する前提で、動こうとするから、その不一致した行動に身体は拒否反応を起こしてしまうもの。2人目、3人目などは一旦考えず、1人目で成功させるぞ!という気概を持つようにしましょう。

 

一度失敗すると、動けなくなる。


 

いざナンパをしてみたものの、無視や断り文句を上手く返せずに失敗してしまい、そこからのペースダウンが激しくなってしまいがち。結果的に、そのまま声がかけられなくなってしまう方も意外に少なくありません。

 

この原因もじつにシンプルで、「失敗=ダメな事」と考え引きずってしまうんですね。ですが、本来失敗とは、悪い事ではなく良い事なのです。

 

なぜなら、ナンパにおける本当の失敗というのは、街へ出ても誰にも声をかけないという事。何も収穫がないのです。

 

街へ出て好みの子に声をかけて、上手くいかなくても、「なぜダメだったろうだろうか?」「次同じような対応された、ら、どうすればいいのか?」と、対策を立てられますよね。

 

これが、成功のために必要な材料なので、声をかけて断られることは、成功へのステップと言えるでしょう。あなたの中の失敗の定義を変えて、もう一度望んでみることをおすすめします。

 

好みの女性になるとビビってしまう。


 

これは、声をかけようと思う女性があなたの好みであればあるほど、声をかけることにビビってしまうんですね。なぜなら、好みの女性に価値を置きすぎているから。

 

女性を上に見すぎてしまうあまり、「冷たい反応されたらどうしよう・・・」というネガティブな気持ちが強くなってしまい、結果的に動けなくなってしまいます。

 

女性に価値を置けば置くほど、あなたのナンパ成功率は下がってしまうでしょう。ポイントは、女性を少し雑に扱うくらいでいいんですよ。

 

好みの子だから、丁寧にとか、嫌われないようにと接してしまうと、本来のあなたらしさが出せなくなってしまいますので、日頃から女性男性、年配子ども関係なく、平等に接する意識を持つようにすることが、このタイプの解決策です。

 

具体的には、電車やバスでお年寄りに席を譲ったり、エレベーターに乗り合わせた人に何階かを尋ねてボタンを押してあげるなどしてみるといいですよ。

 

周りの目が気になってしまう。


 

このタイプの地蔵もかなり多いでしょう。周りの視線が気になって、動けなくなってしまうのです。結論から言いますと、周りはあなたの事なんて誰一人見ていないのです。

 

「あ、あの人勇気あんなー。」とか「あんな綺麗な女性に話しかてて、羨ましいなぁ」というよな事を考えているのです。女性であれば、「美人ってやっぱり得ねー。」というような感覚なのです。

 

このブレーキを取っ払うには、「周りの人に、見せつけてやるんだ」という意識を持つか、ナンパアプローチが圧倒的に上手になる事の2つの方法があります。

 

実は、ナンパアプローチが実際上手い人ほど、側から見てもナンパに見えないんですよね。一緒に歩いている友達のような印象になるので、「あ、ナンパしてる。」と思われることはほとんどないでしょう。

 

キツイ言葉が怖くて、動けない。


 

ナンパした女性に、キツイ言葉で否定されるところをイメージしてしまう事で動けなくなってしまうパターンです。思い切ってアプローチ出来なかい事で、余計に女性から悪い反応をもらう事で、負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

 

これは、あなたの思考のクセによるところが非常に大きく影響します。この対策としては、「ナンパで声かけてもシカト!?ガンシカや無視を崩したいならコレだ!」でもご紹介しているように、女性のキツイ言葉や無視に対する準備をしておくことが最も効果的な方法といえます。

 

ナンパで声かけできない「地蔵」を克服する方法!

これまでお話してきたナンパ地蔵の克服方法は、主に現場で声かけできない「地蔵」になってしまいそうなときの回避方法として大いに役立つ内容でした。

 

とはいえ、やっぱり知りたいのは、そもそも地蔵にならない方法ではないだろうか。はじめから地蔵にならずにガンガン声をかけにいければ、全てが解決するというもの。

 

がっかりさせるつもりはないですが、「そもそも地蔵にならない方法」は一朝一夕では身に付くものではありません。

 

でも、考えてみたら当たり前ですよね。そもそも地蔵になってしまうのは、ある種の習慣なのです。人は新しい習慣を身につけるのに、3ヶ月という期間が必要なんです。

 

だから今どうしても街に出ると地蔵になってしまう人は、即効性を期待するのではなく、長い目を見て地蔵を克服できるようになりましょう。

 

・参考:【ストナンオープナー】ソロで初めて即った方法を全部話そうと思う

 

1日10人ではなく、1日1人を毎日継続しよう


地蔵を克服するために、1日に10人声をかけようと意気込む方は多いですが、この考え方はとても危険。

 

たしかに10人に声をかけるガッツや根性は素晴らしいものがありますが、翌日が0人、その次の日が1人、0人、そしてまた10人というようなやり方では、成長が遅い。

 

なぜなら、この方法はその日の気分やモチベーションに左右されてしまうから。これでは、気分が浮かないときや、少し調子が悪くなっただけで、また地蔵に戻ってしまいます。

 

それに、ナンパ初心者や未経験者にとって、10人に声をかけるなんて、そもそもハードルが高く感じてしまうもの。であれば、毎日1声かけを継続し、ナンパを日常レベルまで行えるようになる方が何倍も成長が早い。

 

なぜなら、その日の気分やモチベーションに影響されないので、調子が悪い日というのが出てこないから。

 

1日に○人声かけなければならない、という考え方よりも、1日1人にしか声をかけれないと考えれば、自然と良質なナンパができるというもの。ビビってる暇なんてありませんよね。

 

ナンパのハードルを下げて、目標の細分化をしよう!


ナンパしようと思ったときに、何か大きな壁を感じてたりしていませんか。

 

こう感じてしまうほとんどの原因は、見知らぬ女性に声をかける行為を、「大きなイベントごと」のように捉えてしまっているから。

 

  • 好みの女性に声をかけてお茶に連れ出す
  • 可愛い女の子と連絡先を交換する

 

目標としては素晴らしいのですが、この目標を掲げたときに大切なのは、ゴールまでの道のりがきちんと見えていていること。目標を達成するために何が必要なのかを、明確にする必要があるのです。

 

いちばんシンプルなやり方は、ハードルを下げて小さな目標で細分化するということ。

 

  • 街に出ることが、できた
  • 好みの女性を見つけることが、できた
  • ターゲットを見つけてから動くことが、できた
  • 女性の後を追うことが、できた
  • 声をかけるつもりで追い越すことが、できた
  • 実際にをかけることが、できた
  • 用意したセリフを言うことが、できた

 

こういった、一見しょうもないだろうと感じてしまう小さなハードルをいくつも作って乗り越えることです。そして、1つ乗り越えるたびに、自分のことを褒めてあげてあげましょう。

 

その積み重ねで、自信をつけることができて、大きなハードルを超えることが出来るというもの。地蔵でまったく動くことができないというのであれば、無理に動こうとしなくていいんです。

 

その場で、女の子を観察することを目標にしてみて下さい、そしてそれを達成することが大切。

 

まとめ

 

ここで、改めて地蔵の6つのタイプについてまとめておきましょう。

 

  • 最初の1人目に、声を掛けられない
  • 一度失敗すると、動けなくなる。
  • 好みの女性になるとビビってしまう。
  • 周りの目が気になってしまう。
  • キツイ言葉が怖くて、動けない。

 

冒頭でも述べましたが、地蔵はこの中の1つが原因となっている方もいれば、複数のタイプを持つ方もいます。また、1つクリア出来たとしても別の原因が出てくることもあるでしょう。

 

それくらい、地蔵とは根深い悩みなんですよね。でも安心してください、どんな人にも必ず動けるようになるスイッチがあります。そのスイッチに出会うためには、考えらえる対策を1つ1つクリアしていく他ありません。

 

諦めずに続ける事ができる人が、地蔵を脱却し、人生を変えることが出来るのです。

 

ありがとうございました。