Pocket

 

「あの時、あそこであの女性に声をかければよかった。」

「また、やろうと決めたのに動けずに後悔してしまう・・・。」

 

このような経験をされている人は意外と多いのではないでしょうか。ナンパにおいて、好みの女性に声をかけれずに後悔してしまう事ほど、辛いことはありませんよね。

 

なぜ、声をかけないと後悔するとわかっているのに、地蔵になってしまうのか?それは、これまで行ってきたであろう地蔵の克服方法が間違っているのかも知れません。

 

ということで、今回の記事では、ナンパ(声かけ)で地蔵して、後悔してしまう人の心のブレーキを取っ払う、3つの思考方法と立ち回り方について、お話ししていきます。

 

心のブレーキを取っ払い、きちんと実践すれば、あなたの異性との出会いの数と人生の幸福度は飛躍的に高まるでしょう。「あれをやりたい!」と思ったときに葛藤する事なく、動くことが出来ますよ。

 

それはある意味、成功へ最も近づくチャンスを掴む力なのです・・・。

 

・参考:ナンパ地蔵克服!ストナンで“声かけが怖い”を変える2つの習慣!

 

ナンパで声をかければよかった…!後悔しない3つの考え方とは?

 

いざ、ナンパしようとしたものの、声をかけれずに後悔してしまう人は、少なくありません。

 

そこで、まずは具体的な立ち回り方についてお話しする前に、地蔵してしまう人の心のブレーキを取っ払う必要がありますよね。ブレーキを外してやらないと、どれだけアクセル全開にしても、一向に前に進むことができませんから。

 

そのための考え方とは、以下の3つ。

 

  • 傷つきたくないというプライドが邪魔している
  • 3秒ルールを徹底して、勢いをつけよう
  • 好みの子を見つけた時、なんて声をかけるかを、先に決めておこう

 

思わず心にグサッとくるものもあったことでしょう。今はそれでもOKです。1つ1つじっくり読み進めていって下さいね。

 

「傷つきたくない・・・」というプライドが邪魔している

 

声をかけられない人の特徴として、「自分は傷つきたくありません。」という気持ちがとても強いです。

 

例えば・・・

  • いざ声をかけてみた = 無視されて傷つきたくない
  • ナンパしているところを見られた = 失敗してる所を見られて傷つきたくない
  • 緊張でアウアウしか言えなくて、気持ち悪がられる = 傷つきたくない

 

こういった行動により、自分が傷つくのを避けようとして、結果的に動けなくなってしまいます。なので、動けるようになるには、このブレーキ取っ払わなければなりません。

 

しかしこれは、あなたの思考の癖なので、一朝一夕で治るものでもないので、日々意識してトレーニングをする必要があります。

 

スポーツでも同じことが言えますよね。自分のクセというのはなかなか簡単には治せません。はじめは毎回意識して、練習し、しだいに意識しなくてもできるようになって、はじめて克服したと言えます。

 

だからこそ、はじめの内は、繰り返し繰り返し練習することが必要なのです。

 

・参考:【ストナンオープナー】ソロで初めて即った方法を全部話そうと思う

 

3秒ルールを徹底して、勢いをつけよう

 

ナンパにおいて後悔をなくす為の、行動のブレーキを取っ払う方法の1つとして、3秒ルールがオススメです。つまり、好みの子を見つけてから、3秒以内に動けなければ、その子は諦めるというものです。

 

3秒を徹底することによって、「傷つきたくない・・・!」という思考が入るチャンスをなくしてやることが目的。

 

動き出す事が出来たのだから、あとはそのまま何も考えない。何も考えずに、声をかけにいく。これを徹底して守ってあげるだけで、自分で思っているより「俺って、やれば出来るじゃん!」と驚くことでしょう。

 

好みの子を見つけた時、なんて声をかけるかを、先に決めておこう

 

3秒ルールを徹底して、後は何も考えないでいいです!と言ったところで、やはりナンパ成功に向けて動かなければ、意味がありませんよね。

 

また、本当に何も考えなくても動けるようになるためにも、あらかじめ「第一声を何と声かけるか」だけは決めておくべき。オススメなのはシンプルな声かけです。

 

「お疲れ様です」

「って全然疲れてないじゃないですか」

 

「1個だけ聞きたいんですけど」

「何食ったらそんなに綺麗になるんですかね」

 

ナンパで、声をかければよかった!後悔しないための2つの対処法とは?

 

ここからは、「ナンパで声をかければよかったという後悔」とは無縁な行動力を身につけて、地蔵とさよならをするための2つ方法についてご紹介していきます。

 

その具体的な2つの方法は以下なります。

 

  • 1日1人、声をかけてみる
  • 小さな目標を設定し、達成したら自分に褒美を与える

 

決して難しいことではありません。この2つだけを徹底することができれば、これまでとは見違えるような人生を送ることができるでしょう。

 

1日1人、声をかけてみる

 

1日に10人など、声をかけるのが苦痛じゃなければ10人でもOK。ですが、初心者や今まさに地蔵をしている人にとって、この人数ナンパすることが、どれだけ困難な事か。

 

頑張りすぎる必要はなく、1日1声かけでもいいのです。ただし、出来る限り継続しましょう。最初の1日目が一番エネルギーを使うかも知れませんが、次の日は少し楽になるはずです。

 

そしてさらに、その次の日にはさらに楽になるでしょう。見知らぬ人に声をかける事になんら抵抗がなくなってくれば、あなたは別人レベルでナンパが上達していきます。

 

もう一度言いますが、そのためには、継続することです。

 

小さな目標を設定し、達成したら自分に褒美を与える

 

これも非常に効果的な地蔵克服方法です。上で述べたように、1日1声かけという小さな目標を設定して、それを達成したら自分に褒美を与えてあげて下さい。

 

美味しい物だったり、映画だったり、漫画などでもいいでしょう。褒美を与えながら、全力で「俺スゲーじゃん!」と褒めることでさらに自信がつきます。

 

なぜなら、そうすることで脳が喜び、積極的な姿勢が強まるから。

 

これは、脳が喜ぶことで快楽物質が分泌され、幸福感が増します。もちろん、分泌されたあとは止まるので、時間が経つと「またあの気持ちいい感じを味わいたい!」と脳が勝手に思うようになるんですね。

 

この感情が芽生えると、目標に向かって積極的に行動する事が出来るので、とてもおすすめのやり方です。

 

恐れずに声をかけることで得られるものとは?

 

想像して下さい。

 

ほとんどの方が、好みの女性に声をかければよかったと後悔する中で、果たして、声をかけていれば、どんなことが手に入れられるのでしょうか。

 

それは、男として本物の自信ではないでしょうか。もちろん、声をかけて狙った女の子と仲良くなったり、モノにすることができれば、男としてこれ以上幸せなことはありませんよね。

 

とはいえ、声をかけた結果、失敗することだって考えられますよね。しかし、そこで得られるものは失敗という結果だけではないはず。

 

自分の心のブレーキを外して、手に入れたい未来に向かって動いたという事実が、今後の人生において大きな武器になるのは間違いありません。

 

これは、大げさな話でもなんでもないのです。あれも手に入れたい、これも手に入れたいと思うだけで行動のできない男と、目標に向かって、壁にぶつかりながらも一歩ずつ前進する男、

 

あなたはどっちの男になりたのでしょうか。いまいちど、真剣に向き合ってみるといいかもしれませんね。

 

・参考:ストナンの声かけ方法を“完全解説”!好みの女性を即る方法とは?

 

まとめ

 

ナンパにおいて声をかけられなかった後悔とは、あなた自身がブレーキをかけてプライド守っているのが原因。

 

後悔を感じないためにも、正しい順番と正しいやり方で地蔵を克服する必要があるのです。そこで、ブレーキを取っ払うための、3つの考え方を今一度まとめてみます。

 

  • 「傷つきたくない・・・」プライドが邪魔している
  • 3秒ルールを徹底して、勢いをつけよう
  • 好みの子を見つけた時、なんて声をかけるかを、先に決めておこう

 

さらに、ナンパとは無縁な、圧倒的な行動力を得るための具体的な方法とは、以下の2つを徹底すること。

 

  • 1日1人、声をかけてみる
  • 小さな目標を設定し、達成したら自分に褒美を与える

 

自分の限界を決めるのは、いつだって自分。後悔したくない人生を送りたいのであれば、今この瞬間から決意するしかありません。自分で自分の人生に蓋をするのだけは、やめましょう。

 

ありがとうございました。