Pocket

 

「たまたま寄ったカフェや喫茶店で見かけた、好みの女性をナンパしてみたい」

「どうやったら、カフェのナンパが成功するのだろうか」

 

日常を生活していく中で、このように考えたことがある人は多いのではないでしょうか。男として生まれた以上、いいなと思った女性は全てモノにしたいものですよね。

 

となると気になるのが、カフェナンパのやり方ではないでしょうか。そもそもナンパしたことない人にとって、見知らぬ人に声をかけるというナンパは、とても勇気がいること。

 

とはいえ、高い成功率を誇る、正しいカフェナンパ方法を知ることができれば、思い切って声をかけてみることができるというもの。

 

ということで、今回の記事は、カフェや喫茶店で見かけた好みの女性に、ナンパする方法を徹底解剖していきますので、じっくり読み進めていって下さい。

 

カフェナンパがおすすめの2つの理由とは?

 

カフェでナンパするのは、実はとてもおすすめなんです。その理由の1つは、女の子がその場に座っているということ。

 

つまり、ストリートナンパのように、声をかけたらそのまま逃げられてしまった、というミスがないのが、ナンパ初心者や未経験者にとっても嬉しいのではないでしょうか。

 

ただし、いざ声をかけるときは、女の子がまだそのカフェに残っていそうかどうかを観察しなければなりません。

 

その方法は、ターゲット女性の飲み物を見てみて下さい。もし、半分以上残っていて、しばらく座ってそうな雰囲気なら、店内ナンパでOK。

 

しかし、飲み物がすでに半分以下で、もう席を立ちそうな雰囲気であれば、カフェナンパはおすすめできません。その場合は、女の子が退店したときにストリートナンパに切り替えた方が吉。

 

カフェナンパがおすすめな理由の2つ目は、女の子と会話がリアクションしてくれやすいということ。

 

なぜなら、基本的にカフェにいる女性は、読書したり作業したりくつろいでいるもの。カフェという空間で、リラックスしているからこそ、声をかけた時の反応が優しいのです。

 

とくに、早朝カフェナンパとなると、女性もかなりリラックスしているし、頭もクリアな状態なので、ナンパ初心者にとってはとても美味しい穴場スポットと化します。

 

カフェで好みの女の子をナンパで声をかける方法を徹底解剖!

 

カフェで気になる女の子をナンパするとき、どのようなやり方が最も成功率が高いのか、気になりますよね。

 

実際にナンパ師の私が、カフェで女の子に声をかけてみて、いちばん仲良くなりやすい方法について、以下のような流れになります。

 

 ターゲット女性を発見 → クッキーやケーキを買って準備する → 女性の隣の席に座る →

 一泊を空けて、から声をかける → 会話を楽しむ

 

大まかに言うと、以上のやり取りになります。ここで押さえておきたいポイントは、声をかけると思ったら、迷わず行動すること。

 

行動する前に、あれこれ考えているようでは気持ちがグラついてしまい、声をかけるときに不自然になってしまいがち。

 

「いい女」と感じたら、何も考えずに、やるべきことを淡々と行いましょう。それが、カフェナンパ成功の秘訣です。

 

 

カフェナンパの声かけ:「あの、どっちか食べないですか?」


 

「あの」

「はい」

「どっちか食べないですか?」

準備しておいた、クッキーとケーキを指差す。

「いや、大丈夫です」

「お腹すいてないっすか?」

「はい」

「嫌いでした?」

「いや」

「甘いもの嫌いなんですか?」

「いえ」

「オレ、もともと甘いものダメなんですけど、」

「今日すげー腹減っちゃって、思い切って買ってみたんすけど」

「やっぱムリだなって。ないっすか?そういう時」

「ありますね、笑」

「買って、満足して、やっぱ違うな、みたいな」

「笑」

「笑、マジでいいっすよ、甘いの好きでしょ?」

「好きです」

「ですよね、ヨダレたらしてますよ」

「笑」

「どっちか選んでいいっすよ」

「あ、はい、じゃあいただきます」

女性が手に取った、クッキーを見て

「あぁ、あぁ、そっち行くんだ」

「え?笑」

「ショックだなあ。美味しいっすよそれ、まじオススメです」

「ありがとうございます笑」

 

「今、一人なんすか?」

「はい」

「へー、そっち座っていいっすか?」

「あ、はいどうぞ」

「すんません。怒ってます?」

「いや、別に、笑」

「まじっすか、びっくりした顔してますけど」

「はい」

「ナンパだと思ってます?」

「・・・はい」

「ほんとに思ってます?」

「はい」

「残念です。まぁ当たってるんですけど」

「笑」

「暇そうだったんで、つい。勉強かなんか?」

 

カフェナンパで女の子を会話を楽しむコツ


 

まず、カフェナンパの声かけのコツは、会話に使えるアイテムを用意すること。レジに置いてある、クッキーなどは使いやすいのでおすすめ。

 

なぜなら、ストリートナンパと違って、室内でのナンパはお互いに共有できる題材があると、盛り上がりやすいのです。

 

例えば、女の子が何か作業していたら、一拍おいてから、話しかけること。

 

  • 「字、小ちゃいっすね」(書き物系)
  • 「就活ですか?」(いかにも就活生のような子専用)
  • 「充電器借りていいっすか」

 

ポイントは、ターゲット女性の隣に座れたら、ガッツかずに一拍おくこと。その「間」こそが、声かけに自然さを演出してくれるのです。

 

・参考:【ストナンオープナー】ソロで初めて即った方法を全部話そうと思う

 

カフェナンパのときの気をつけるべきポイント


 

それは、席を移動したときの、会話の温度が冷めること。

 

声かけの時点で一気に盛り上げている分、「そっち座っていいですか」からと言い、座るまでの間に、トーンダウンしてしまうと、その瞬間に空気が重くなってしまいます。

 

これは、女の子にとってはネガティブな感情を抱かせますので、なるべく避けたいところ。そのために、移動しながら、間髪入れずに次のようなセリフを投げかけるようにしましょう。

 

  • 「すんません、怒ってます?」
  • 「まじっすか、びっくりしました?」
  • 「もしかして、ナンパだと思ってます」
  • 「勘がいい」

 

このように続けていくことで、声かけのときの楽しいテンションを維持したまま、会話を続けることができます。

 

こういった、さりげないやり取りこそに、女性は「慣れをしている人だな」と感じるもの。これは、あなたを魅力的にみせる一つのテクニックなのです。

 

以上をしっかり、落とし込んで、カフェナンパを成功させましょう。

 

まとめ

 

カフェナンパのポイントは、その場の状況を共有した声かけ方法がセオリー。ストリートナンパと違い、女の子がその場にいて、反応が比較的優しいので、初心者にもおすすめ。

 

 ターゲット女性を発見 → クッキーやケーキを買って準備する → 女性の隣の席に座る →

 一泊を空けて、から声をかける → 会話を楽しむ

 

男として生まれた以上、好みの女性は全て手に入れよう。

 

ありがとうございました。