Pocket

 

「ストナン(ストリートナンパ)で好みの女性をモノにしようと決意したけど、どうやって声かけたら良いのか分かりません」

「それどころか、女性に声をかけようとすると、頭が真っ白になって動けないんです」

 

あなたにも、同じような経験があるのではないでしょうか。実際に、出会いを求めてナンパした人で、最初の声かけで壁にぶち当たってしまう人は少なくありません。

 

せっかく目の前に好みの女性がいるのに、何て声かけたらいいかわからず、女性が去っていくのをただ黙って見ている毎日。

 

これでは、なんのためにストナンをしようと決意したのかわかりませんよね。

 

とはいえ、女性に声をかけられないと悩む方のほとんどは、正しい声のかけ方について、学んだことがないだけかもしれません。

 

ということで今回の記事では、ナンパ初心者や地蔵レベルから、好みの女性に声をかけて連れ出すまでの道のりについて、具体的にお話していきます。

 

地蔵の方必見!ストナンにおける、最初の声かけの重要性とは?

 

ストナンが成否に大きな影響をあたえるポイントが、「最初の声かけ」ということをご存知でしょうか。

 

なぜなら、自分の存在を女性に気づいてもらわなければならないから。

 

まぁ普通に考えたら、当たり前ですよね。ナンパにおいて、まず存在に気づいてもらわなければ、何も始まりません。

 

だからこそ、女の子と接点をつくるために、第一声はインパクトが大事なのです。女の子の注目を引くことによって、連れ出しがハードルが一気に下がるというもの。

 

はっきり言って、最初の3秒で全てが決まると言っても過言ではありません。

 

それほど、声かけの部分はしっかり練習する必要があり、何人にも無視をされてしまう人は学ぶ必要があるのです。

 

ナンパ地蔵注目!ストナンで良い女をモノにするために必要な3つのこと

 

正しい声かけについてお話する前に、ストナンで声をかけられない「地蔵」を克服し、いい女をモノにし続けるために必要な3つのことをお伝えしておきます。

 

  • ナンパで楽しさを感じ、与えていること
  • いつでも気軽な感じでいること
  • 自己投資を惜しまないこと

 

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

 

ナンパで楽しさを感じ、与えていること


ナンパとは本来楽しむもの。それなのに、多くのナンパ師は女性に声をかけることに対して、試練や訓練のようなストイックなイメージを抱きがち。

 

こういった考え方を持っていては、いつの間にか、ナンパ活動そのものが苦しく感じてしまいます。

 

自分の欲望や、手に入れたい未来に対してアクションを起こすことに、楽しさを感じる人こそが、もっとも成長が早いのは言うまでもありませんね。

 

いつでも気軽な感じでいること


ナンパをする上で、いつも気軽な状態でいることは意外と大切なのです。具体的にどういうことかというと、肉体的にも、精神的にも健康的な状態をキープすること。

 

ナンパのスキルを身に付けたいときに、疲れ切ってボロボロの身体はよくありませんし、ストレスにまみれの精神状態では、女の子と楽しい会話なんて出来るはずがありません。

 

そういうときは、良く寝て、良く食べて、良く運動することによって、ベストな状態を取り戻すことができます。

 

一度冷静になって自分に向き合い、必要があればリラックスしてみるのもいいでしょう。

 

自己投資を惜しまない


ナンパでどんな女性をモノにしたいですか? 手に入れたい結果に対して、同等の投資を惜しまないという姿勢は、とても大切な考えですよね。

 

おしゃれで、モデルのような体型の女性が好みであれば、こちらもファッションについて学び、身体を鍛える必要があります。

 

普通に考えれば当たり前のことですよね。たとえば、スリムな女性が好みだと言うのに、ナンパするプレイヤーのデブだったらどうでしょうか。

 

おしゃれな女性が好きなのに、自分の見た目がダサければ、狙った女性をモノにするのは難しいと言えるでしょう。

 

ストナン初心者におすすめの声かけ方法はコレだ!【オープナー】

 

はっきり言って、これから紹介する声かけのセリフは、どれもストナンで成功率が高いものばかり。

 

最初に相手女性にかける言葉を「オープナー」と言いますが、セリフをそのまま言えば上手くいくほど、単純な話ではありません。

 

どんな種類のオープナーにも共通して言える成功のコツは、斜め前のポジションから声をかける事、自然な声トーンで話しかける事。

 

自然な声トーンとは、たとえば、人混みの中でナンパするならある程度声を張らなければ、相手に聞こえませんよね。

 

反対に閑散とした場所で声をかけるときは、声ボリュームをおさえないと、相手を驚かせてしまうといったレベルの話。

 

あくまで大切なのは、自然であるということ。では、さっそくオープナーを1つ1つ見ていきましょう。

 

ドロップアプローチ:「これ、落としたよ。」

 

落し物を拾って、届ける、という体で女性に声かけする方法。“落し物して、届けに来たぞ”というイメージで声をかけるので、強気な会話が展開できるのがドロップアプローチの特徴。

 

ただし、届ける物は、明らかに女性が落とさなそうな物がいいです。一目で見て、思わず「落としてない、笑」とツッコミが入りそうな物を選びましょう。

 

私がよくやるもので、おすすめなのは、「お菓子のじゃがりこ」や「男物のジャケット」。

 

<会話例1>

「おい」

女性、こちらに気づく。

「これ、落とした」持っていたじゃがりこを見せる。

「いや、違います、笑」

「いや、マジマジ。」

「そのバッグから、ボトって。」

「笑」

「ごろごろごろーって転がってきて、全力で届けに来たんだよ」

「違うの?」

「違います、笑」

「なんで違うの」

「え、笑」

「違わないでよ」

「何ですか?笑」

 

道聞きアプローチ:「この辺で、○○ないですか?」

 

道を尋ねるという行為で、声をかける方法。特に地蔵がちな方におすすめの声かけと言えるでしょう。

 

“どこを聞くか”という部分でインパクトを与えることは十分出来ますので、ぜひトライしてみてください。

 

<会話例3>

「あの、ちょっといいですか?」

「はい?」

「この辺で、カツ丼屋ないですか?」

「カツ丼?笑」

「はい、カツ丼」

「笑、ちょっと、わからないですね。」

「まじですか、ひょっとしてカツ丼嫌いでした?」

「いや、嫌いじゃないですけど、笑」

「普段食べない?」

「たべ、ないですね、笑」

「食べないよね、笑」

「え、この辺の人じゃないんですか?」

 

また、道聞き声かけについて、当サイトでも徹底的に解剖して、初心者の方でもトライしやすいよう記事にしておりますので、以下の参考記事を必ず読んでおいて下さい。

 

・参考:道聞きオープナーを極めて地蔵を回避!アプローチ方法を徹底解説!

 

ロストアプローチ:この辺で、これくらいのペンギン見ませんでした?

 

今、日本でもっとも高い成功率をそなえた声かけ方法が、このロストアプローチと呼ばれるオープナー。

 

「ペンギンを見ませんでしたか?」という探し物ベースで声をかける方法で、ユーモアベースのナンパ方法。

 

ドロップよりもややインパクトには欠けますが、反応率だけで言えば、かなり高いと言えるでしょう。

 

<会話例>

「ねえ」

「この辺で、これくらいのペンギン見ませんでした?」

「笑」

「これくらいの大きさで、こうやって歩いてたと思うんだけど」

「見てない?」

「見てないです笑」

「なんで見ないの」

「笑」

「見ていこうよ、もっと視野を広くもって」

「すいません笑」

「そのバッグの中に入ってるでしょ、オレのペンギン」

「入ってないです笑」

 

反応率を高める方法!?声かけ時の立ち位置やノンバーバルについて

 

コミュニケーションは、バーバル(言葉)とノンバーバル(言葉以外)に分かれます。

 

会話において、実はこのノンバーバルの部分がとても大切という話は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

あらためてお話しますと、メラビアンの法則というものがあり、相手の自分に対する印象や受け止め方に関する法則なのです。

 

  • 視覚として目から入る情報が55%
  • 聴覚として耳から入る情報が38%
  • 言語として入る情報が、わずか7%

 

つまり、「何を話しているか」よりも「どう話しているか」といった言葉以外からの情報によって、私たちの印象や受け止め方が決まってきます。

 

なので、ストナンにおいて、言葉以外のコミュニケーションが相手の反応をあげるためには欠かせないことが分かりますよね。

 

たとえば、声かけ時の立ち位置については軽く触れましたが、相手女性の斜め前をキープしましょう。とくに「追い越す意識」を持っていると、ちょうど良い位置につきやすいです。

 

なぜなら、ほとんどの人が最初は斜め前を歩けていても、ナンパしながら段々と後ろに下がっていることに気づいていないのです。

 

これでは、女の子を立ち止まらせることも難しくなってしまいます。

 

また、距離感については近すぎず、遠すぎず、こちらも自然な距離がベスト。イメージ的には、肘下1本分の距離感を取ると、いい具合に落ち着くでしょう。

 

アイコンタクトもとても重要です。

 

相手女性の後頭部を見透かすイメージをもって話しかけると、オスとしての堂々とした強さを女性が無意識レベルで感じ取ってくれますので、より会話に引き込めます。

 

最後に姿勢ですが、猫背のような丸まった姿勢では、無視をされやすくなってしまいます。姿勢もやはり男らしく堂々としている方がおすすめです。

 

ポイントは、腰の筋肉を縮め、胸を張って歩きましょう。こちらも自然さが大切ですので、意識しすぎて不自然な印象を与えてはいけませんよ。

 

まとめ

 

ストリートナンパにおいて、最も大切な部分は、声かけ。

 

多くの方がナンパにトライするものの、何と声かけたらいいか分からず、適当に声をかけて失敗したり、動けなくなってしまうもの。

 

成功率を飛躍的に高めるためには、インパクトが重要になります。あなたのキャラクター、性格に合わせて、やりやすいものから取り入れてみて下さい。

 

最初の声かけを制す者は、ナンパを制す。

 

ありがとうございました。