Pocket

 

「ストナンノック」・・・ナンパのスキルを上げるために一度はトライしてみたいと思うもの。とくにナンパで声をかけられなくなってしまう地蔵気味の方への荒療治として取り組む方も少なくありません。

 

ということで、今回の記事は、実際に私が池袋にでストナンノック(ひたすらナンパしまくる)をしてきた体験談について、お話していきます。

 

場所は、かつてナンパの聖地と呼ばれた「池袋」。とくに池袋駅西口広場は、言わずと知れたナンパ激戦区でした。

 

とはいえ、今でもナンパスポットとしてまだまだ熱く、ナンパ初心者や未経験者におすすめな場所というのをご存知でしょうか?

 

なぜなら、池袋はここ最近、遊びの街として若い子に人気が急増しており、新宿や渋谷などには飽きてきた女の子が池袋に流れてきているんですね。また、隣接する埼玉からの入り口としても、遊びにくる子はとても多い。

 

そう意味では、ナンパされ慣れてすれた女性が少ないのが池袋の大きな利点。

 

そんなナンパノックにはもってこいの場所で、果たして即ることは出来たのでしょうか。乞うご期待・・・。

 

ストナンノック実践記①池袋のサンシャイン通りでスタイル抜群の女性を連れ出し!

 

ストナンノックのスタート地点に選んだのが、サンシャイン通り。こちらは日中は買い物目当てで行き交う女性が多い。中には、買い物疲れでカフェに入ろうとしている娘もいるのだ。

 

新宿や渋谷に比べて、一人でぶらぶら歩いてるケースも多いので、お出かけ日和の天気の日にはかなり狙い目。

 

池袋駅を背にして、サンシャインに向かう方向に歩いていると、スタイルの良さげで今ドキのファッションをした娘を発見。すかさずペンギンナンパで声かけ。

 

「ごめんなさい、ちょっといいですか?」

「この辺で、これくらいのペンギン見ませんでした?」

「見てない・・・」

「いや、まじっすまじっす」

女、少しニヤける

「あの、これくらいなんですけど」

「見てないですか?」

女、笑いながらうなずく

「え、なんで見ないんですか?笑」

「そんな、笑わないで下さい、笑」

「笑」

 

あまり言葉は発さないが、簡単に反応してくれた。相手の子も池袋にコンタクトを買いに来ていたらしく、少し時間があいていたようだ。そのまま、サンシャイン地下降りてすぐのカフェに入店。

 

横並びの席に座ってお茶をした。連れ出しまではスムーズだったものの、あまり会話が盛り上がったが、女性の方からサインが確認できず、40分ほどトークして店を出ることに。

 

地上に戻って、連絡先を交換してバイバイ。おそらく、アダルト会話が弱かったかな・・・。

 

 

あまり準即は期待できなかったので、まったく連絡は取ってなかったものの、年明けに飲みの誘いがきたので、久々会うことに。

 

どうやら、彼女の友達がナンパしてきた私に興味を持ったみたいらしい。結果はというと、彼女の友達を準即しました。ナンパは出会いが広がるからこそ、面白い。

 

ストナンノック実践記②防弾少年団好きの女と買い物同伴?

 

そこからは、しばらく何人かに声をかけたあと、池袋駅構内でノックすることにした。駅に向かっていると、東口前の交差点で、良さげな女を発見。

 

スタイルは普通だが、金髪で、ボディラインがはっきり出るファッションをした、後ろ姿のエロそうな女性を発見。私は、いつも通り、信号のタイミングを見計らいながら、彼女の横につき一拍、間をおく。

 

そして、彼女に体を向け声かけ。

 

 

二つのテクニックを使っている。声をかけた瞬間の、彼女の低めのリアクションに対して、途切れさせないための拾い方。そして、生まれた笑い反応を大きくするコツ。

 

正直、彼女の爆速トークにおいてかれそうになったが、なんとかくらいついて会話が成立した。ただ、彼女にCDを買うという予定を崩せなかったので、とりあえず一緒にお店を回った。

 

ぶっちゃけ、カフェに入れなければ、それでいい。会話ができる関係になれれば、お茶は目的じゃない。とはいえ、この子もサインを確認できなかったので、駅の前で連絡先を交換してバイバイ。

 

 

後日、ラインでやり取りしていると、頼んでもいないのに向こうから写真を送ってきた。これは、いわゆる私に好意があるというよりは、私の興味や関心を引こうとして送ってきたもの。

 

 

ほとんどの男が、こういった写真を見て、エロい妄想をし鼻息を立ててしまいがちだが、それがLINEの文章に出た瞬間には、冷められるから気をつけよう。

 

後日、アポを取り無事準即を果たした。年上女性だけにベッドの上でもかなり積極的で、エロにまみれた1日を送ったのは言うまでもないと思うので、割愛。

 

つまり、即ではないのでノーカウント。

 

ストナンノック③現役ソープ嬢をナンパで連れ出し!

 

午前中からノックはじめて、半日が経ってかな。だいぶ暗くなってきたところで、池袋西口に移動してストナン開始。アカン、まだ即れてない・・・!

 

池袋駅西口は開けた構造になっており、ナンパはしやすい。もちろん昔ほど、ナンパしている男は減ったため、ライバルがおらずやりやすい。また、すぐ近くにある噴水のある西口公園もおすすめ。

 

と、さっそく、とてつもなく大きな買い物袋を持った女性が歩いていたので、好みというか、興味が沸きすぎて声かけ。

 

「ごめんなさい、ちょっといいですか?」

「・・・ごめんなさい。」

「いや、そういうんじゃなくて」

「・・・」

「あの、1個聞きたいんすけど」

「何食ったら、そんな美人になるんですか」

「・・・笑」

「ってか、それは何、家出?」

「あ、いや、ちがいます、笑」

「買い物ですか?」

「はい」

「へー、つかデカくないすか?」

「笑、」

 

あまり多く話してくれない子だが、会話はできる。そのまま「ちょっと喋らせすぎるから〜」でプロントに入店。お酒を頼んで乾杯。

 

女のデータは以下。

  • 20才
  • グラマーでおっとり系
  • お水系のお仕事
  • 職場ではかなりの人気嬢らしい
  • 彼氏なし

 

正直パッと見、お水系の女性だと思わなかったので、カフェでは主に仕事について話した。けっこうガッツリと嬢をやっているみたいだが、女同士のいざこざがめんどくさいとの事。

 

しかも、この子、お店で1番人気らしい。どこまで真実かわからないけど、1位ほど良いルックスかといえば、うーん・・・。でも性格は見れば男性客の人気があるのも頷けるキャラクターだった。

 

今日は休みということらしいので、時間も遅く、サインは迷ったが勝負に出た。退店して手を出してみると、相手も握ってきた。

 

ただ、グリップサインは取れず。一か八かと思いつつも、ホテルを匂わすとグダ。しまいには「えーヤりたいの?」と聞いてきた始末(笑)

 

「こんなとこでそんな事おっきな声じゃ言えないよね」

「笑」

「はい、先生!やりたいデス!」

「笑」

「な?きもいべ」「ちなみに、あっちにホテルじゃなくて家だから」

「せったい、うそ笑」

 

楽しい会話はできている様子だけど、なかなかグダを崩せず・・・。結局、私が折れてその場は解散することに。ちないにLINEは交換していない。

 

ストナンノックで地蔵を卒業することはできるのか?

 

ストナンノックに取り組む理由の1つに、地蔵を克服したいという方は意外と少なくありません。では、実際にストナンノックで地蔵を克服することはできるのでしょうか。

 

結論から言うと、克服することは可能。女性に1度声をかけてしまえば、「なんだ、意外と声かけなんて大したことないんだな」という気持ちになりやすいんですね。

 

そうなるとブレーキが外れて、これまで地蔵していたのが嘘かのようにナンパができるようになる人を何人も見てきました。

 

しかし、実はこれには大きな落とし穴があります。

 

それは、ノックをしたその日だけ地蔵を克服できて、後日あらためてナンパしようとすると、地蔵に戻ってしまっていることがあるということ。

 

結局、ナンパ地蔵から永遠にさようならをするためには、女性に気軽に声をかけることを習慣化するしかないんですね。なぜなら、人は習慣を身につけるのに、最低でも3ヶ月はかかると言われているから。

 

今までは0人の声かけだったけど、今日は50声かけいけたという方でも、継続してストナンに取り組んでいなければ、ふたたび地蔵に戻ってしまうのです。

 

ですが、一度を声をかけることが出来たなら、あとは1日1声かけずつでもナンパしてみましょう。それも、女の子である必要もありません。コンビニの店員さんでも、アパレルショップの店員さんでもOK。

 

見知らぬ人に気軽に話しかけるという経験を、繰り返し繰り返し重ねていくことがポイントなのです。その積み重ねが、自信となりますので、次第にストナンに積極的になっていきます。

 

一番よくないのは、「今日は声をかけなければいけない」という義務感にかられながら活動すること。自分自身が「楽しい」と思える状態で継続していくことが何よりも重要なのです。

 

しっかり、自分自身をコントロールしていきましょう。

 

まとめ

 

結局、この日は3連れ出しの0即。ホテルは行けずに終わってしまいましたが、それなりに楽しめた。池袋でナンパするなら、サンシャイン通りが人通りが多く、サイドにカフェやお店もあるので、ナンパしやすい。

 

ただし、ホテルが少ないので、クロージングする場合は近くの2店舗か、タクシー移動で西口がセオリー。

 

女の子のジャンル的には、東口の方がきれい目で大人な女性も多い。西口に行けば、飲屋街が増えるため、お水系やギャル系が増えてくるイメージ。

 

池袋は西口と東口で街のカラーがけっこう変わるので、特性をよく知っておくといいでしょう。

ありがとうございました。